COSMOSIL

COSMOCORE 2.6C18

  • Core-Shell担体を採用
  • 通常HPLC装置で超高速LC分析
  • フルポーラスSub-2µm充填剤カラムと同程度の分離能で低分析圧力


物性

充填剤名称 COSMOCORE 2.6C18
シリカゲル Core-Shell型シリカゲル
平均粒子径 2.6 µm
コア平均直径 1.6 µm
シェル平均細孔径 約90Å
比表面積 約150m2/g
固定相構造
化学結合基 オクタデシル基
結合形式 ポリメリック
主な相互作用 疎水性
エンドキャッピング処理 あり
炭素含有率 約7%
使用可能pH範囲 2~7.5
最大耐圧 60MPa


Core-Shell担体とは

Core-Shell担体は、中心のノンポーラス粒子(Core)と外側の多孔質層(Shell)から構成されます。このCore-Shell担体を用いることにより、フルポーラスシリカゲル担体と同一粒子径で比較するとシャープなピーク形状を得ることが可能です。言い換えると、フルポーラスと同様の性能を相対的に粒子径が大きい担体で得られるため分析圧力を大幅に軽減することができる担体と言えます。




フルポーラス5µm充填剤カラムよりも分析時間を"1/5以下"に短縮可能

コスモコア2.6C18は、Core-Shell担体を採用することによって、フルポーラス5µm担体を採用したカラムよりも1/5以下と大幅に分析時間を短縮することができました。分析圧力の上昇も抑制することができるため、通常装置で高分離能・高速分析が可能となります。

分析条件
カラム Fully porous, 5µm:COSMOSIL 5C18-MS-II 4.6mmI.D.×250mm
Core-Shell, 2.6µm:COSMOCORE 2.6C18 2.1mmI.D.×100mm
温度 40℃
検出 UV 272nm
移動相 Acetonitrile/115mmol/l Monobasic Sodium Phosphate(pH3.0)=10/90 サンプル
  1. Chlorothiazide (0.15mg/ml)
  2. Hydrochlorothiazide (0.15mg/ml)
流速 COSMOSIL 5C18-MS-II:2.0ml/min
COSMOCORE 2.6C18:0.7ml/min
注入量 COSMOSIL 5C18-MS-II:20 µl
COSMOCORE 2.6C18:1µl

フルポーラスSub-2µm充填剤カラムと同等程度の分離で低分析圧力

● フルポーラスSub-2µm充填剤カラムより分析圧力を"1/2以下"に軽減
微粒子担体で超高速分析を目的としてフルポーラスSub-2µm担体が使用されます。コスモコア2.6C18は2.6µmの粒子径でありながらCore-Shell担体の特性を生かしフルポーラスSub-2µm担体の性能を維持しながら分析圧力を1/2以下に大幅におさえることができるため、装置への負荷を軽減することができました。



分析条件
カラム Fully porous, 1.7µm:Competitor A, 1.7µm, C18 2.1mmI.D.×100mm
Core-Shell, 2.6µm:COSMOCORE 2.6C18 2.1mmI.D.×100mm
サンプル
  1. Benzene (2.0mg/ml)
  2. Toluene (2.0mg/ml)
  3. Ethylbenzene (2.0mg/ml)
  4. Propylbenzene (2.0mg/ml)
  5. Butylbenzene (2.0mg/ml)
  6. Amylbenzene (2.0mg/ml)

移動相 Acetonitrile/Water=60/40
温度 40℃
検出 UV 254nm 注入量 0.5µl


● 分析圧力の上昇を抑制することにより、さらに高流速の分析が可能に...
HPLCカラム内径2.0mmでは一般的に流速0.2ml/minで送液します。移動相70%アセトニトリル/水条件下ではコスモコア 2.6C18は3-5倍量の流速条件下においてフルポーラスSub-2µm充填剤カラムと同等の分離性能を有しながらも20MPa以下という低分析圧力で使用することが可能となります。高流速条件下や長いカラム長などフルポーラスSub-2µm充填剤カラムでは使用が難しい条件下でも分析することが可能です。



測定条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×50mm 温度 40℃
移動相 Acetonitrile/Water=70/30 サンプル Amylbenzene

他社のCore-Shell充填剤カラムよりも高い保持力と負荷量を実現

● 他社のCore-Shell充填剤カラムよりも高い保持力
コスモコア2.6C18は、Core-Shell充填剤カラムの中でも大きな保持力を有するため分析時間短縮の他、分離能向上に貢献することが期待できます。



分析条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×50mm 検 出 UV 254nm
移動相 A: Acetonitrile/Water=50/50
B: Acetonitrile/Water=70/30
B conc. 0→100% (0-4min), 100%(4-5min)
サンプル
  1. Benzene (2.0mg/ml)
  2. Toluene (2.0mg/ml)
  3. Ethylbenzene (2.0mg/ml)
  4. Propylbenzene (2.0mg/ml)
  5. Butylbenzene (2.0mg/ml)
  6. Amylbenzene (2.0mg/ml)
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃ 注入量 0.5µl


● 他社のCore-Shell充填剤カラムよりも高い負荷量を実現
Core-Shell担体は、一般的に表面積が小さくC18基の固定化量が少ないとされています。コスモコア2.6C18は、オクタデシル基の高い固定化量により保持力の他に高い負荷量を実現しました。微量成分の場合、注入量を5-10倍量注入することがあります。このような場合もピーク形状が崩れにくくなります。

分析条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×50mm 検 出 UV 254nm
移動相 A: Acetonitrile/Water=50/50
B: Acetonitrile/Water=80/20
B conc. 0→100% (0-4min), 100%(4-5min)
サンプル
  1. Benzene (2.0mg/ml)
  2. Toluene (2.0mg/ml)
  3. Ethylbenzene (2.0mg/ml)
  4. Propylbenzene (2.0mg/ml)
  5. Butylbenzene (2.0mg/ml)
  6. Amylbenzene (2.0mg/ml)
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃ 注入量 5 µl

さまざまな化合物に対してシャープなピーク形状

コスモコア2.6C18は、残存シラノールの遮蔽効果の高いエンドキャッピング処理により塩基性化合物や金属配位性化合物などさまざまな化合物に対してシャープなピーク形状が得られます。

塩基性化合物
分析条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 2.1mmI.D.×50mm
移動相 Acetonitrile/ 20mmol/l Phosphate Buffer(pH7.0) = 60/40
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃
検 出 UV 254nm
サンプル 1.Amitriptyline (0.2mg/ml)
2.Amylbenzene (2.0mg/ml)
注入量 0.5 µl
金属配位性化合物
分析条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 2.1mmI.D.×50mm
移動相 Acetonitrile/ 20mmol/l Phosphoric Acid = 10/90
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃
検 出 UV254nm 
サンプル 1.Oxine-copper (0.003mg/ml)
2.Caffeine (0.3mg/ml)
注入量 0.5 µl

LC-MSに適した低ブリード設計

コスモコア2.6C18は、カラムなしの場合と比較するとカラム由来のブリードを最少限に抑えた製品です。 他社Core-Shell充填剤カラムと比較しても遜色なくLC-MS条件下でお使いいただけます。



分析条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×50mm 流 速 0.2ml/min
移動相

A: 0.1% Formic Acid
B: Acetonitrile
B conc.
5→100% (0-5 min), 100% (5-10min), 100→5% (10-11min), 5% (11-17min)

温 度 40℃
検 出 MS (TIC (+), MW 50-1000)

Lot間差

コスモコア2.6C18は、Lot間差を最少限に抑えた製品です。安心してお使いいただけます。
塩基性化合物の分析

分析条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 (Lot.1/Lot.2)
2.1mmI.D.×50mm
温 度 40℃
検 出 UV 254nm
移動相 Acetonitrile/ 20mmol/l Phosphate Buffer(pH7.0) = 60/40 サンプル 1.Amitriptyline (0.2mg/ml)
2.Amylbenzene (2.0mg/ml)
流 速 0.4ml/min 注入量 0.5 µl


金属配位性化合物の分析

分析条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 (Lot.1/Lot.2)
2.1mmI.D.×50mm
温 度 40℃
検 出 UV 254nm
移動相

Acetonitrile/ 20mmol/l Phosphoric Acid = 10/90

サンプル 1.Oxine-copper (0.003mg/ml)
2.Caffeine (0.3mg/ml)
流 速 0.4ml/min 注入量 0.5 µl

耐久性試験

コスモコア 2.6C18は、耐久性が高く安心してお使いいただけるカラムとなります。アミトリプチリンを1000回分析した結果、保持力・ピーク形状に劣化は見受けられませんでした。



測定条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 2.1mmI.D.×50mm 流 速 0.4ml/min
温 度 40℃
移動相 A: 0.1% TFA/Water
B: 0.1% TFA/Acetonitrile
B conc.
5→90%(0-3min),
90→5%(3-3.01min),
5%(3.01-6min)
検 出 UV 236nm
サンプル Amitriptyline (0.2mg/ml)
注入量 1.0 µl

COSMOCORE担体のメリット

● 粒度分布がフルポーラス1.7µm担体と比べて均一性が高い
フルポーラス粒子と比較すると、Core-Shell粒子は粒子径が揃っています。粒子の高い均一性によりフルポーラス粒子よりも均一に充填することが可能となります。流路の乱れに起因するサンプル拡散を最少限に抑えることができます。


● 拡散幅がフルポーラス1.7µm担体と同等程度
サンプルが充填剤粒子径を通り抜けるのにかかった距離を拡散幅といい、拡散幅が小さい程サンプルの拡散がしにくくなります。コスモコア2.6C18は、フルポーラスSub-2µm担体よりも大きな粒子径にも関わらずフルポーラスSub-2µm担体と同等の拡散幅をもちます。拡散幅に起因するサンプル拡散は、フルポーラスSub-2µm担体と同等程度となります。

お使いいただく前に

通常HPLC装置で使用される場合の注意点
コスモコア 2.6C18は、超高速LC用カラムですので、超高速液体クロマトグラフィー対応の装置をご使用ください。また、低分析圧力で超高速LC分析ができますので、通常のHPLC装置でもお使いいただけますが、装置の設定を変更する必要があります。
1.検出器のレスポンスの影響
超高速LC分析では高流速で分析するため一般的な検出器のレスポンスではピーク形状が悪くなる場合があります。そのため検出器のレスポンスは、0.1sec以下に設定することを推奨しています。

分析条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 サンプル
  1. Benzene (2.0mg/ml)
  2. Toluene (2.0mg/ml)
  3. Ethylbenzene (2.0mg/ml)
  4. Propylbenzene (2.0mg/ml)
  5. Butylbenzene (2.0mg/ml)
  6. Amylbenzene (2.0mg/ml)
移動相 Acetonitrile/Water=70/30
流 速 3.0mmI.D.×75mm:1.0ml/min
2.1mmI.D.×50mm:0.4
ml/min
温 度 40℃ 注入量 3.0mmI.D.×75mm:1.0 µl
2.1mmI.D.×50mm:0.5 µl
検 出 UV 254nm


2.使用装置の影響
超高速LC分析の場合、装置のデッドボリュームの影響を受けやすくなります。そのため内径2.1mmカラムをご使用の場合には、セミミクロ対応の検出器セル、インジェクター、および配管(0.1mm)をご使用ください。

分析条件
カラム COSMOCORE 2.6C18 サンプル
  1. Benzene (2.0mg/ml)
  2. Toluene (2.0mg/ml)
  3. Ethylbenzene (2.0mg/ml)
  4. Propylbenzene (2.0mg/ml)
  5. Butylbenzene (2.0mg/ml)
  6. Amylbenzene (2.0mg/ml)
移動相 Acetonitrile/Water=70/30
流 速 3.0mmI.D.×75mm:1.0ml/min
2.1mmI.D.×50mm:0.4
ml/min
温 度 40℃ 注入量 3.0mmI.D.×75mm:1.0 µl
2.1mmI.D.×50mm:0.5 µl
検 出 UV 254nm


お使いの装置への適用について(接続タイプ)
コスモコアカラムの接続タイプは、Waters社UPLC®カラムと同タイプ(UHPLC型接続)です。コスモシールカラムの接続タイプは従来のWaters互換タイプの接続(HPLC型接続)であり、コスモコアカラムの接続タイプとは異なります。(UPLC®は、ウォーターズ・コーポレーションの登録商標です。)
1.エンドフィッティングの形状の差と接続について

接続タイプ カラム側接続
HPLC型
(コスモシールカラム)
UHPLC型
(コスモコアカラム)




HPLC型 接続可 接続不可
(アダプタが必要)
UHPLC型 接続不可
(アダプタが必要)
接続可

HPLC型:
従来のWaters互換タイプの接続
UHPLC型:
Waters社UPLC®互換タイプの接続
配管接続部の形状

フェラル先端から出ているチューブの長さが異なります。



2.コスモコアカラムエンドと装置フィッティングの互換性
①UHPLC型フィッティングをご使用の場合
そのままカラムと接続してご使用いただけます。

②HPLC型フィッティングをご使用の場合
カラムとフィッティングを接続するためには、変換アダプターもしくは可動式(高耐圧)フィッティングが必要となります。HPLC型接続の装置をお使いの場合は、変換アダプターもしくは高耐圧フィッティングを使用してコスモコアカラムを接続してください。
・SUSフェラルを配管に固着してご使用の場合
接続方法として変換アダプター(SUSユニオン+UHPLC型用に固定した接続チューブ)を使用して接続することができます。(この場合下記変換アダプター関連製品が必要となります。)

・PEEKフィッティングをご使用の場合
PEEKフィッティングは、カラム先端長が固着していないためカラムに合わせてそのままお使いいただくことができます。PEEK樹脂フィッティングの耐圧性には注意が必要となります。

変換アダプター関連製品

製品名 内容 製品番号 容量 価 格
A ロー&ゼロデッドボリューム 
ユニオン
材質:ステンレス
貫通穴径:0.35mm
メーカー名:杉山商事
メーカー製品番号:P0402
メーカー型番:WF-1/16UF-0.35-S
- 1 PKG
3,500
B コスモシール カラム用
接続チューブ
(内径0.1mm)
配管内径:0.1mm 12570-41 1 PKG
5,000
コスモシール カラム用
接続チューブ
(内径0.25mm)
配管内径:0.25mm 37843-69 1 PKG
5,000

価格表

分析カラム(粒子径2.6µm)
COSMOCORE 2.6C18
製品名 サイズ 製品番号 価 格
COSMOCORE 2.6C18 Packed Column 2.1mml.D.×30mm 12632-31 66,000
2.1mml.D.×50mm 12631-41 70,000
2.1mml.D.×75mm 12630-51 78,000
2.1mml.D.×100mm 12614-71 80,000
2.1mml.D.×150mm 12612-91 85,000
3.0mml.D.×30mm 12611-01 66,000
3.0mml.D.×50mm 12609-51 70,000
3.0mml.D.×75mm 12608-61 78,000
3.0mml.D.×100mm 12607-71 80,000
3.0mml.D.×150mm 12602-21 85,000
4.6mml.D.×30mm 12601-31 66,000
4.6mml.D.×50mm 12600-41 70,000
4.6mml.D.×75mm 12599-91 78,000
4.6mml.D.×100mm 12598-01 80,000
4.6mml.D.×150mm 12597-11 85,000
4.6mml.D.×250mm 12596-21 116,000

※上記以外のカラムサイズをご要望の際はお問合せください。

※掲載の内容は、'14年3月現在の情報に基づいております。