News & Topics

LabFab News Chemicals October 2016 発行

掲載内容

各ページのPDFをご覧になれます。

ケミカルメーカー
Chem-Impex International社 ご紹介
    (PDF 697KB)

Chem-Impex International

Chem-Impex International社は、アメリカ合衆国イリノイ州ウッドデールに本社のあるケミカルメーカーです。1981年の創業より、世界各国の最先端の研究者、大学、製薬企業やバイオテクノロジー関連の企業などに製品を提供しています。今回は同社が取り扱うユニークなビルディングブロックの中から、一部を紹介します。

アセトフェノン類    (PDF 594KB)

Apollo Scientific

アセトフェノン類は、食品、化粧品、医薬などさまざまな分野で利用されている化合物群です。出発原料やビルディングブロックとして多くの利用例が報告されています。今回はApollo Scientific社取り扱い製品の中から一部を紹介します。

複素環化合物    (PDF 599KB)

Ark Pharm

Ark Pharm社は、特長的な化合物から汎用的な化合物まで幅広く取り扱う有機化合物のメーカーです。今回は他社で販売の少ない複素環化合物の中から、一部の製品を紹介します。掲載以外の製品はArk Pharm社Web siteをご参照ください。

ボロン酸 / ボロン酸エステル    (PDF 629KB)

Ark Pharm

Ark Pharm社は、特長的な化合物から汎用的な化合物まで幅広く取り扱う有機化合物のメーカーです。今回はボロン酸とボロン酸エステルの中から、一部の製品を紹介します。掲載以外の製品は、Ark Pharm社Web siteをご参照ください。

クロスカップリング反応用
触媒・リガンド
     (PDF 673KB)

Strem

クロスカップリング反応は、有機合成化学の中で非常に重要な合成反応です。今回はStrem社のクロスカップリング反応に関わる触媒の中から、一部の製品を紹介します。

SiliaCat® Pd0 & Pt0(不均一系触媒)     (PDF 758KB)

SiliCycle®

SiliaCat®シリーズは、シリカゲルを有機修飾した新しいタイプの不均一系触媒で、熱安定性や物理的強度に優れ、反応後の分離や洗浄も容易です。今回は、SiliaCat® Pd0とSiliaCat® Pt0について実験データと共に紹介します。

アゼチジン誘導体    (PDF 639KB)

Apollo Scientific

アゼチジン(Azetidine)は、3個の炭素と1個の窒素から構成される飽和四員環複素環化合物であり、その誘導体であるβラクタム環は、医薬品の重要な骨格です。アゼチジン類は、物性の改良(脂溶性、溶解性、塩基性)に利用されます。また、抗がん剤や抗精神病薬としても注目されています。今回はApollo Scientific社製品の中から一部を紹介します。

崩壊試験・溶出試験用 調製液シリーズ     (PDF 966KB)

ナカライテスク

弊社ではお客様のご要望に応じた各種調製液の製造・販売を行っています。各種調製液の中から崩壊試験・溶出試験に使用される一部の製品を紹介します。

LGC Standards社
医薬品不純物および類縁物質の標準品
     (PDF 737KB)

LGC Standards

LGC Standards社(ドイツ)はLGCグループの一部門で、医薬品、食品、環境、工業などの幅広い分野で、ヨーロッパを中心として世界中に標準物質を供給しています。 今回はLGC Standards社の3,900種類以上におよぶ医薬品不純物および類縁物質の標準物質の中から、一部の製品を紹介します。

 

 

COSMOSIL 5C18-MS-Ⅱによる
フラボノイドの分析例
    (PDF 800KB)

ナカライテスク

 

 

アグリコンに付加した糖の数が多い化合物は、C18カラムでの保持が小さい傾向があり、適切な分析条件を選択する必要があります。今回はフラボノイドの一種であるケルセチン配糖体やヘスペレチン配糖体を一般的なC18カラムで分析しましたので紹介します。

全ページ分のPDFはこちら

 

labfab_cover_2016oct.jpg