News & Topics

LabFab News Vol.11 February 2014 発行

掲載内容

E1、E2活性測定キット

LifeSensors

ユビキチン研究用試薬を販売しているLifeSensors社より、E1、E2の活性を測定するキットが発売されました。E1 LITEはE1の活性を検出し、E1/E2 LITEはE1およびE2の両活性を検出します。両製品でアッセイすることにより、E2に対する阻害剤探索も可能となります。

免疫染色データが豊富
ヒト細胞/組織染色用抗体

Atlas Antibodies

Atlas Antibodies社が有する抗体は、正常・がん組織や各種細胞株で検証した免疫染色のデータが豊富ですので、ヒト細胞/組織の免疫染色におすすめです。お探しの抗体がありましたら是非検索してみてください。

TLR/NODの応答を迅速に評価
TLRアレイ

InvivoGen

本製品は全血、末梢血単核球(PBMC)、初代培養細胞などの生体試料や研究対象の細胞について、TLRやNODの応答を評価できます。予めプレート内にそれぞれのTLRやNODに対するアゴニストが、様々な濃度でコートされており、サンプルとなる試料や細胞をウェルに添加するだけで、簡単に評価できます。

ワクチン研究関連ELISAキット

Alpha Diagnostic International

Alpha Diagnostic International社では、ワクチン研究関連のELISAキットを豊富に取り扱っています。ワクチンモデル抗原、KLHワクチン、ODNワクチンアジュバント関連のELISAキットの中から一部の製品を紹介します。

エピジェネティクス関連阻害剤 新製品

Tocris

Tocris社では、さまざまなターゲットに対するアゴニスト、アンタゴニスト、阻害剤を用意しています。今回は、新製品の中から、エピジェネティクスに関連する阻害剤を紹介します。

超高純度のプラスミドDNAが精製可能
Midi/Maxi Plus™ Ultrapure Plasmid Extraction System

Viogene

本製品は、陰イオン交換カラムを用いたプラスミドDNA精製キットです。トランスフェクションに適した高純度のプラスミドを迅速かつ簡便に精製できます。

膜タンパク質の抽出に適した界面活性剤
過酸化物フリーの界面活性剤 Anatrace® Anapoe®グレード

Anatrace Products

膜タンパク質の抽出に用いられる非イオン性界面活性剤に過酸化物が含まれると、膜タンパク質を抽出する際にタンパク質の凝集や不活性化を誘導する場合があります。Anatrace Products 社のAnapoe®グレードの製品は、過酸化物をほとんど含まない非イオン性界面活性剤です。

様々な研究対象の抗体が益々充実
モノクローナル抗体 新製品

Santa Cruz

Santa Cruz社では、キナーゼとホスファターゼ、シグナル中間体、転写因子など様々な研究対象用の抗体に新しくラインアップを追加しました。

強熱不要
脂肪酸メチル化キット

ナカライテスク

脂肪酸のガスクロマトグラフィー(GC)分析では、ピークのテーリングの防止や脂肪酸の揮発性を高めるためにエステル化の後に分析を行うことが一般的です。しかし、従来のエステル化法では熟練した操作を必要とします。本法は、簡便で安全な新しい反応系により、誰にでも簡単に脂肪酸のメチルエステル化が可能です。

COSMOSIL®シリーズにPFPカラムをラインアップ
COSMOSIL® PFP

ナカライテスク

コスモシールPFPは、ペンタフルオロフェニルプロピル基を結合したカラムです。PFP は、疎水性以外の相互作用を有するためC18カラムと異なる分離挙動を示します。C18カラムで分離できない場合に有効なカラムです。

PDF版ダウンロードはこちら

 

 

lab_54_200.jpg