News & Topics

LabFab News Vol.12 August発行

掲載内容

イオンチャネル関連研究試薬 新製品

Tocris

Tocris社では、さまざまなターゲットに対するアゴニスト、アンタゴニスト、阻害剤を用意しています。今回は、新製品の中から、イオンチャネルに関連する研究試薬を紹介します。

免疫染色データが豊富
神経科学分野シグナル伝達関連抗体

Atlas Antibodies

Atlas Antibodies社の抗体は、正常・がん組織や各種細胞株で検証した免疫染色のデータが豊富でヒト細胞/組織の免疫染色におすすめです。今回は、神経科学分野のシグナル伝達関連抗体から、一部の製品を紹介します。

温和かつ迅速な細胞の剥離に
細胞剥離液 Accutase™

ナカライテスク

Accutase™はready to useの細胞剥離液です。温和かつ迅速に作用するため、ES細胞や神経幹細胞などの幹細胞の剥離にも幅広く使用されています。

Activin-A徐放ビーズ
StemBeads Activin-A

StemCulture

細胞増殖因子は培養条件下では、不安定なケースが確認されています。本製品は、FDAで承認されている生分解性ポリマーであるPLGA[Poly(lactic-co-glycolic Acid)]にヒトActivin-Aを結合させたビーズで、培地中で長期にわたり一定濃度のActivin-Aを徐放します。

エタノール沈殿を促進
Gene-Packman Coprecipitant

ナカライテスク

ジーンパックマン共沈剤は、DNAやRNAなどの核酸をエタノール沈殿 / イソプロパノール沈殿させる際に使用するアクリルアミド系共沈剤です。希薄な核酸溶液に本製品を添加することで、冷却不要で直ちに遠心操作を行えるだけでなく、微量な核酸サンプルの回収率を上げることができます。

His-tag ⇒ Strep-tag® 変換アダプター
His-STREPPER

IBA

本製品はStrep-tag® II(SA-WSHPQFEK)にNi-trisNTAが連結しています。本製品が6xHisタグへ結合することで6xHisタグ融合タンパク質を見かけ上Strep-tag® II融合タンパク質へ変換します。クローニングなしで簡単にお試しいただけますので、Hisタグのみの精製純度にご不満の方はぜひお試しください。

細胞質内DNAセンサーの研究に
STINGレポーターアッセイ用細胞

InvivoGen

STING遺伝子をノックアウトまたはノックダウンしたレポーターアッセイ用細胞を販売しています。この細胞は、IRF誘導性プロモーターにより制御されているSEAP(分泌型アルカリホスファターゼ)もしくはLucia®(ルシフェラーゼ)が組み込まれています。分泌されたSEAP、Lucia®は、検出試薬であるQUANTIBlue™もしくはQUANTI-Luc™を用いて簡単に検出することができます。

直鎖状ポリユビキチン鎖特異的
LUB9, 抗直鎖状ポリユビキチン マウスモノクローナル抗体

LifeSensors

直鎖状ポリユビキチンは、一つのユビキチンのC末端が別のユビキチンのN末端を介して連結し、これが繰り返されて形成されています。ここでは、LifeSensors社の直鎖状ポリユビキチン鎖を特異的に検出する抗体を紹介します。

さまざまな研究対象の抗体がさらに充実
モノクローナル抗体 新製品

Santa Cruz

Santa Cruz社では、構造タンパク質、合成と分解、シグナル中間体などさまざまな研究対象の抗体に、新しくラインアップを追加しました。今回はその中から、一部の製品を紹介します。

C18カラムとは異なる分離特性をもつ親水性化合物用逆相カラム
COSMOSIL® PBr

ナカライテスク

コスモシール® PBr は、ペンタブロモベンジル基を固定相とするため、C18カラムとは異なる相互作用を示します。この相互作用から親水性化合物に対してC18カラムとは異なる分離特性を示します。

PDF版ダウンロードはこちら

 

 

lab_58_200.jpg