採用情報

先輩からのひと言

先輩からのひと言

自分を売ることを目標に

営業担当

営業という仕事の大部分はお客様に製品をPRし、販売することです。

入社当初はお客様への製品紹介もうまくいかず苦労しましたが、諸先輩方のフォローで少しずつ勉強しながら徐々にこなせるようになり、現在では楽しく仕事ができています。 お客様は以前より当社と懇意にしていただいている先生ばかりなので、私が訪問すると「ナカライさん」と声を掛けてもらえます。
そのお客様に対し、毎日訪問し、自分が売りたいと思った製品をPRするほか、お客様の要望に応える努力を積み重ねた結果、売り上げ実績に比例して、一層の信頼を得るようになり、徐々に機器や受託などの大きな案件の依頼に結びついた時には大変嬉しかったです。
また、今では私を「ナカライさん」ではなく、名前で声を掛けていただけるようになり、そこで認めてもらえたのかなと実感しています。
今も目標とする先輩方が沢山いらっしゃるので、追いつけるよう日々努力していきたいです。

海を越えて、気持ちを届ける

輸出業務担当

私は海外営業部門で書類作成を中心とした、商品の発送業務を担当しています。

商品を海外のお客様や代理店に輸出するとき、通関に必要な書類を準備して海外輸送に適した梱包で発送しています。エタノールやヘキサンなど特定の商品は国際輸送規則で危険品に該当します。また航空輸送と海上輸送では規則が異なるため、どちらかの方法でしか発送できない商品もあります。ご注文いただいた商品内容に合わせて発送形態や梱包を考え、通関業者や航空・船会社と調整しています。
現在、様々な国へ商品を発送しています。特にアメリカや中国では通関が厳しいと感じています。書類不備や内容記載が不十分だと、現地税関でなかなか輸入が許可されない場合があります。お客様に早く商品をお届けするため、正確で迅速な発送準備を心がけています。
「発送日を変更してほしい」「追加注文があるが発送便に間に合うか」 ... お客様のご要望に柔軟に対応するため、他部署との連携も重要です。製品出荷日を工場に確認したり、梱包内容を配送課に相談したりしています。短時間に多くの調整事項があるときは大変ですが、お客様から「 Thank you ! 」とメールをいただくと苦労を忘れるくらい嬉しいです。
商品が無事に届くのは当たり前のこと。でもとても大切なことだと思います。私が発送手配した商品が世界中で使われていると思うと、今の仕事に責任と誇りを感じます。

迅速且つ正確な処理を目指して

経理担当

社内で日々発生する経費の予算作成、伝票起票、決算書類の作成等が主な業務です。1円でも処理を間違えると大事になる場合がありますので、正確さには気をつかっています。

予算や伝票の内容に疑問があれば各部署に説明をお願いすることがあり、コミュニケーションの重要性を実感しています。各担当者と良い関係を築けていれば連絡はスムーズになります。当然ベテラン社員さんと話をする機会が多くなるのですが、私のような若手の意見でも真摯に聞いていただけるところが当社の良いところだと思います。
配属された当時は経理に関する知識は全く持っておらず、大きな失敗も経験しましたが、上司や先輩方にフォローしていただきながら業務を覚えていきました。まだまだ未熟でお叱りを受けることもありますが、大事なのは業務に対する意欲・積極性だと思いますので、これからも業務知識の習得に励みたいと思っています。