研究者の使用例などCOSMOSIL πNAP 水溶液中のシスプラチンと mono-chloro 体、 水和錯体、および OH-ダイマーの分析例

データご提供:大阪薬科大学 循環病態治療学研究室 加藤 隆児 准教授

コスモシール πNAP は、ナフチルエチル基を有するカラムです。ナフタレン由来の固定相により、C18 カラムとは異なる分離挙動を示します。今回、πNAP を用いたシスプラチン(CDDP)とその mono-chloro 体、水和錯体、および OH-ダイマーの分析データをご提供いただきましたので紹介します。

(1)実験概要

シスプラチン(CDDP)は水溶液中では mono-chloro 体、水和錯体、および OH-ダイマーの形で存在し、平衡状態を形成していると考えられています(図 1)。今回、水溶液中の CDDP とその mono-chloro 体、水和錯体、および OH-ダイマーの分離定量を行いました。


TN-18-1.png

図 1. シスプラチン(CDDP)水溶液中の平衡反応
CDDP は溶液内で、Cl- が外れ H2O が置換します。また、pH の影響により OH- に置換されます。さらに Cl- がもう一つ外れることで、二つの水が置換されます。同様に、pH の影響で H2O 、OH- 、二つの OH- が置換した構造になりこれらが平衡状態になっています。

(2)水溶液中のシスプラチン(CDDP)とその mono-chloro 体、水和錯体、および OH-ダイマーの分離定量

同一条件下での C18 カラム、コスモシール Cholester と πNAP カラムとのクロマトグラム比較例

OH-ダイマー硝酸体を測定した際に、OH-ダイマーのピークより前に解離した NO3- のピークが出現ます。C18 カラム、コレステリル基を有する Cholester、ナフチルエチル基を有する πNAP を用いて分析しました。 C18-MS-Ⅱでは両ピークを分離することができず、Cholester では OH-ダイマーと NO3- の 2 本のピークが認められましたが、完全に分離することができませんでした。一方、πNAP カラムでは完全に分離することができました。


TN-18-2.png

分析条件
カラム COSMOSIL ** 検 出 UV 225 nm
カラムサイズ 4.6 mmI.D. × 250 mm サンプル

Cisplatin OH-dimer nitrate(2 mmol/L)

  1. Nitrate
  2. Cisplatin OH-dimer

移動相 100 mmol/L NaClO4 / Acetonitrile / 100 mmol/L HClO4 mmol/L = 290 / 10 / 3
流 速 1.0 mL/min
温 度 37℃ 注入量 20 µL
Data courtesy of Ryuji Kato, Ph D.,Laboratory of Cardiovascular Pharmacotherapy and Toxicology,Osaka University of Pharmaceutical Sciences

コスモシール πNAP カラムを用いた分析

下図のようなクロマトグラムとなり、ピークの分離状態は良好な結果が得られました。シスプラチン(CDDP)に関しては 0.01 ~ 4 mM の範囲で検量線は直線性を示し、日内変動および日間変動の CV 値は 5% 以内でした。


(下記画像をクリックすると拡大します)

TN-18-3.png


分析条件
カラム COSMOSIL ** 検 出 UV 225 nm
カラムサイズ 4.6 mmI.D. × 250 mm サンプル

Cisplatin (5 mmol/L)

  1. Di-chloro form
  2. Mono-chloro form
  3. OH-dimer form
  4. None-chloro form

移動相 100 mmol/L NaClO4 / Acetonitrile / 100 mmol/L HClO4 mmol/L = 290 / 10 / 3
流 速 1.0 mL/min
温 度 37℃ 注入量 20 µL
Data courtesy of Ryuji Kato, Ph D.,Laboratory of Cardiovascular Pharmacotherapy and Toxicology,Osaka University of Pharmaceutical Sciences

(3)考察

コスモシール πNAP カラムを用いることで、HPLC 法によるシスプラチン(CDDP)とその mono-chloro 体、水和錯体、および OH-ダイマーの分離測定法が可能となりました。

(4)参考文献

Kato R. et al. A Novel Analytical Method of Cisplatin Using the HPLC with a Naphthylethyl Group Bonded with Silica Gel (πNAP) Column. Biol Pharm Bull. 40(3), 290-296(2017).

※記載の内容は、'19 年 1 月現在の情報に基づいております。
※データをご提供いただきました研究者の皆さまのご所属などの情報は、データご提供時の情報に基づいています。