COSMOSILカラムによる希少糖の分析例のご紹介

COSMOSILカラムで分析した分析例の一部、今回は希少糖の分析例をご紹介します。この他にも多くの分析例をご用意しています。
こちらから検索してくださいCOSMOSIL® Application TOPページへ
(検索方法は こちら(PDF1.1MB)

希少糖とは
希少糖は自然界に存在量が少ない単糖とその誘導体の総称であり、代表的なものとしてD-プシコース、D-タガトース、D-アロースなどがあげられます。D-プシコースの大量生産法1)が確立され、次第に希少糖の有用性が明らかになってきています。
例えばD-プシコースは、甘味は砂糖の70%で、カロリーはほぼゼロであることや、血糖値の上昇抑制効果や動脈硬化防止作用などが報告されており、医薬品、機能性食品、化粧品など様々な分野に応用が期待されています。D-プシコースをはじめとした希少糖は、糖専用HPLCカラムであるコスモシール Sugar-Dを用いることにより容易に分析することができます。

ref: 1) Kei Takeshita, Akihiro Suga, Goro Takada, Ken Izumori “Mass production of D-psicose from D-fructose by a continuous bioreactor system using immobilized-tagatose 3-epimerase” Journal of Bioscience and Bioengineering  90, (2000), 453-455

D-プシコース

D-タガトース
K00009.jpg K00010.jpg
D-アロース D-アルトロース
K00015.jpg K00029.jpg
 D-ダルシトール  D-グロース
K00034.jpg K00031.jpg
 D-ソルボース  D-タリト-ル
K00013.jpg K00067.jpg