COSMOSIL

④ 移動相の調製方法

1. 有機溶媒と水混合の移動相

(例)メタノール/水=70/30 (v/v) 1L

特別に表記がない場合には、体積比(V/V)によって移動相を調製します。

①メタノール700 mLをメスシリンダーに量りとる。
②蒸留水300 mLを別のメスシリンダーに量りとる。
③ ①②を十分に混合した後、脱気を行う。

(注)溶媒の体積は温度によって変化するため、精密性・再現性をよく量るためには、容量を比重換算した重量で計量し調製します。下表にその調製例を示します。

メタノール/水 移動相 1 L の組成表

メタノール/水メタノール(g)蒸留水(g)
90/10(v/v) 711.9 99.8
80/20(v/v) 632.8 199.6
70/30(v/v) 553.7 299.5
60/40(v/v) 474.6 399.3
50/50(v/v) 395.5 499.1
40/60(v/v) 316.4 598.9
30/70(v/v) 237.3 698.7
20/80(v/v) 158.2 798.6
10/90(v/v) 79.1 898.4

アセトニトリル/水 移動相 1 L の組成表

アセトニトリル/水アセトニトリル(g)蒸留水(g)
90/10(v/v) 707.4 99.8
80/20(v/v) 628.8 199.6
70/30(v/v) 550.2 299.5
60/40(v/v) 471.6 399.3
50/50(v/v) 393.0 499.1
40/60(v/v) 314.4 598.9
30/70(v/v) 235.8 698.7
20/80(v/v) 157.2 798.6
10/90(v/v) 78.6 898.4

注意:メタノール、アセトニトリルは医薬用外劇物です。取扱いは手袋・保護メガネ・マスクを着用し、ドラフト内で行ってください。

移動相の有機溶媒濃度の違いに対する保持時間の変化

idousou1-1-1.png

メタノール濃度が1%違うだけで保持時間は大きく変わります。移動相は正確に調製してください。

分析条件
カラム 5C18-MS-II 4.6 mmI.D.-150 mm 温度 30℃
流速 1.0 mL/min サンプル
  1. Uracil
  2. Naphthalene
検出 UV254 nm 0.16 AUFS

2. 緩衝液の調製方法

(例1)20 mmol/Lりん酸緩衝液(pH 2.5)の調製方法

①20 mmol/Lりん酸二水素ナトリウム水溶液を調製する。
(1 Lのメスフラスコに#31720-65 りん酸二水素ナトリウム(無水)2.40 gを量りとり、蒸留水で1 Lにメスアップする)
②20 mmol/Lりん酸水溶液を調製する。(1Lのメスフラスコに#08964-92 りん酸(純度85%)2.31 gを量りとり、蒸留水で1 Lにメスアップする)
③pHメーターで測定しながら、pH 2.5になるように①と②を混合する。
④ミリカップ-HV (0.45 µm)(#44054-89)で、バッファーを減圧ろ過する。
(注)塩類は不溶性固体を含有している場合があり、送液ポンプのシールの劣化や、カラムの詰まりの原因になるので必ずろ過してください。
⑤有機溶媒と混合する場合には「1. 有機溶媒と水混合の移動相」の例と同様に体積比で混合してください。
(注)混合時に塩が析出していないか確認してください。時間経過後、析出する場合もあります。
調製済みの緩衝液〔#08969-71 りん酸緩衝液(pH 2.5)(5倍濃縮)〕を販売していますのでご利用ください。

(例2)20 mmol/L りん酸緩衝液(pH 7.0)の調製方法

① 20 mmol/Lりん酸二水素ナトリウム水溶液を調製する。。
(1 Lのメスフラスコに#31720-65 りん酸二水素ナトリウム(無水)2.40 gを量りとり、蒸留水で1 Lにメスアップする)
② 20 mmol/Lりん酸水素二ナトリウム水溶液を調製する。(1 Lのメスフラスコに#31801-05 りん酸水素二ナトリウム2.84 gを量りとり、蒸留水で1 Lにメスアップする)
③pHメーターで測定しながら、pH 7.0になるように①と②を混合する。
④ミリカップ-HV (0.45 µm)(#44054-89)で、バッファーを減圧ろ過する。
(注)塩類は不溶性固体を含有している場合があり、送液ポンプのシールの劣化や、カラムの詰まりの原因になるので必ずろ過してください。
⑤有機溶媒と混合する場合には「1. 有機溶媒と水混合の移動相」の例と同様に体積比で混合してください。
(注)混合時に塩が析出していないか確認してください。時間経過後、析出する場合もあります。
調製済みの緩衝液〔#08968-81 りん酸緩衝液(pH 7.0)(5倍濃縮)〕を販売していますのでご利用ください。

(例3)5 mmol/L 1-へキサンスルホン酸ナトリウム,20 mmol/Lりん酸緩衝液(pH2.5)の調製方法

① 5 mmol/L 1-へキサンスルホン酸ナトリウム、20 mmol/Lりん酸二水素ナトリウム水溶液を調製する。
(1 Lのメスフラスコに、#31529-24 1-へキサンスルホン酸ナトリウム 0.94 g と#31720-65 りん酸二水素ナトリウム(無水)2.40 gを量りとり、蒸留水で1 Lにメスアップする)
②5 mmoI/L 1-へキサンスルホン酸ナトリウム、20 mmol/Lりん酸水溶液を調製する。
(1 Lのメスフラスコに、#31529-24 1-へキサンスルホン酸ナトリウム 0.94 gと#08964-92 りん酸(純度85%)2.31 gを量りとり、蒸留水で1 Lにメスアップする)
③ pHメーターで測定しながら、pH 2.5になるように①と②を混合する。
④ミリカップ-HV (0.45 µm)(#44054-89)で、バッファーを減圧ろ過する。
(注)塩類は不溶性固体を含有している場合があり、送液ポンプのシールの劣化や、カラムの詰まりの原因になるので必ずろ過してください。
⑤有機溶媒と混合する場合には「1. 有機溶媒と水混合の移動相」の例と同様に体積比で混合してください。
(注)混合時に塩が析出していないか確認してください。時間経過後、析出する場合もあります。