製品情報

健常ヒト iPS 細胞由来心筋細胞
AscleStem® Cardiomyocytes

AscleStem® Cardiomyocytes は薬剤耐性遺伝子の導入などの遺伝子改変を行っていない、健常ヒト iPS 細胞由来心筋細胞です。病態解析や毒性評価などにお使いいただけます。

AscleStem-Cardiomyocytes-2.png AscleStem-Cardiomyocytes-1.png

左図:TnT(Red), MLC2v(Green)の免疫染色結果
右図:MLC2a(Red), MLC2v(Green)の免疫染色結果

データご提供:東邦大学 医学部 生理学講座 内藤 篤彦 教授

使用例 1

SI-8000 Motion Imaging System を用いた薬剤投与時の拍動評価

(下記画像をクリックすると拡大します)

AscleStem-Cardiomyocytes-siyourei1.png

Isoproterenol 投薬時には 100 nM で脈拍の上昇および弛緩速度の上昇が確認され、Verapamil 投薬時には 10 nM で収縮速度の低下が確認されました。E-4031 投薬時には 30 nM で不整脈様の波形が確認されました。

データご提供:SONY iP&S 株式会社 メディカルグループ ライフサイエンス事業部 烏野 初萌 様

使用例 2

FDSS / µCELL を用いた E-4031 催不整脈作用の検出

AscleStem-Cardiomyocytes-siyourei2.png

100 nM E-4031 投与後 10 分において、CaTD(Calcium Transient Duration)と共に不整脈様の波形が認められました。300 µM Moxifloxacin 投与後 10 分において、不整脈様の波形は認められず、CaTD 延長のみが確認されました。1,000 nM Verapamil 投与後 10 分において、CaTD の延長は認められず、Amplitude の顕著な減少が認められました。


データご提供:東邦大学 医学部 生理学講座 内藤 篤彦 教授

使用例 3

FDSS7000 を用いた TdP ハイリスク化合物の催不整脈作用の検出

AscleStem-Cardiomyocytes-siyourei3.png

いずれの薬剤においても不整脈様の波形が認められました。


本データ取得について:国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)の課題番号 JP 19am0101084 の支援をうけ、大阪大学 薬学研究科 創薬ライフサイエンス研究支援拠点にて実施しました。

価格表

製品名規格貯法製品番号容量オンライン
カタログへ

AscleStem® Cardiomyocytes(5x106 cells/vial)

SP 超冷凍 17097-11 1 set e-Nacalai.jpg
AscleStem® Cardiomyocytes(1x106 cells/vial) SP 超冷凍 17099-91 1 set e-Nacalai.jpg
17099-04 2 set

AscleStem / アスクレステムはナカライテスク株式会社の登録商標です。
ご注意 試験・研究用(ヒトへの使用を除く)以外には使用しないでください。
AscleStem® Cardiomyocytes(心筋細胞)は、iPS アカデミアジャパン株式会社と特許実施許諾契約を締結し製造・販売しています。

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。