News & Topics

【キャンペーン終了】
InvivoGen 社 マイコプラズマ関連製品キャンペーン(検出・除去・予防)

  • マイコプラズマ検出キット「MycoStrip」 50% OFF キャンペーン
  • マイコプラズマ除去・予防試薬 40% OFF キャンペーン

 

マイコプラズマの汚染を防ぐためには、まずは検出ステップが必要です。ただし、操作が煩雑であったり、特別な機器が必要だったりと、その⼼理的ハードルが⾼く、敬遠されている研究者が多いのも事実です。今回、InvivoGen 社から⼤変簡単に検出検査が⾏える新製品「MycoStrip」が発売されました。多くの研究者の⽅にお試しいただきたいので、期間限定で半額キャンペーンを実施します。

また、マイコプラズマ感染の確認が済んだら、その結果に応じて除去・予防が必要です。除去、予防に役⽴つ製品も今回 40% OFF でご提供します。

ぜひこの機会にお試しください。

 

期間:2021 年 6 月 14 日(月) ~ 2021 年 9 月 17 日(金)弊社受注分まで

内容:
InvivoGen 社 マイコプラズマ検出キット「MycoStrip」を 50% OFF でご提供!
InvivoGen 社 マイコプラズマ除去・予防試薬を 40% OFF でご提供!

マイコプラズマ検出キット「MycoStrip」

「混ぜて、垂らす」だけ、特別な装置は使いません。
また、実質の操作時間は約 15 分のみ、結果まで約 1 時間で完了します。基本原理はマイコプラズマに特有の 16S rRNA 遺伝⼦を等温 PCR 法により増幅することです。等温 PCR 法は、多数のプライマーが同時に機能することで増幅が可能となるため偽陽性の⼼配がなく⾼感度に検出が可能です。

特長

  • 特別な装置は不要
  • 操作時間は約 15 分
  • 高感度(10 ~ 100 CFU/mL)

 

お問い合わせフォーム

検出方法

操作手順

MycoStrip_procedure.png

陰性・陽性の判断

MycoStrip_yousei.png

結果が陽性でも細胞を廃棄する必要はありません。InvivoGen 社では除去試薬も用意しています。

 

MycoStrip_img.png

MycoStrip の製品詳細は、InvivoGen 社 Web site をご参照ください。

国内研究者使用例:MycoStrip のマイコプラズマ検出感度検証

マイコプラズマは病原性を有するものもあり、細胞に感染すると細胞内産生物も汚染されるため細胞培養を行う上で深刻な問題となっています。汚染を防ぐためには、まずは検出ステップが必要です。しかし、従来の手法では、煩雑な操作や特別な機器の必要性から、その心理的ハードルが高く、敬遠する研究者が多いのも事実です。この問題を解決するために、InvivoGen 社からは簡便にマイコプラズマ検出が行える「MycoStrip」が販売されています。
今回、医薬基盤・健康・栄養研究所様には、以前から比較的簡便で広く使われている検出法や、手間はかかるが高感度な検出法と一緒に「MycoStrip」を用いて検出感度を比較、検証いただきました。

 

データご提供:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 培養資源研究室(JCRB 細胞バンク)
小原 有弘 様 / 大谷 梓 様

 

詳細はこちら(PDF:11MB) をご覧ください。

価格表

製品番号製品名容量オンライン
カタログへ
rep-mys-10 MycoStrip 10 tests e-Nacalai.jpg
rep-mys-20 20 tests e-Nacalai.jpg
rep-mys-50 50 tests e-Nacalai.jpg

マイコプラズマ除去・予防試薬

マイコプラズマ除去・予防試薬の製品詳細は、こちらをご参照ください。

 

お問い合わせフォーム

キャンペーン対象製品

除去

製品番号製品名容量オンライン
カタログへ
ant-mpt Plasmocin[TM] treatment 50 mg(2 X 1 ml) e-Nacalai.jpg
ant-mpt-1 25 mg(1 X 1ml) e-Nacalai.jpg
ant-pc Plasmocure[TM] 100 mg(1 ml) e-Nacalai.jpg

予防

製品番号製品名容量オンライン
カタログへ
ant-mpp Plasmocin[TM] prophylactic 25 mg(10 X 1 ml) e-Nacalai.jpg
ant-nr-1 Normocin[TM] 500 mg(10 X 1 ml) e-Nacalai.jpg
ant-nr-2 1 g(1 X 20 ml) e-Nacalai.jpg
ant-pm-05 Primocin[TM] 250 mg(5 X 1 ml) e-Nacalai.jpg
ant-pm-1 500 mg(10 X 1 ml) e-Nacalai.jpg
ant-pm-2 1 g(1 X 20 ml) e-Nacalai.jpg

マイコプラズマ汚染の問題点

マイコプラズマはそのサイズの⼩ささ(約 100 nm)と硬い細胞壁がないことから⽬視検査では検出できず、標準的な滅菌⽤フィルターを通り抜け、多数の抗⽣物質に対して耐性があります。マイコプラズマ汚染は細胞培養における重⼤な問題であり、実験結果の妥当性や、細胞を使⽤したバイオ医薬品の品質および安全性に影響を及ぼします。

マイコプラズマ汚染は、培養液に明確な変化を引き起こさないため、汚染の継続、拡⼤が進みやすく、その上で、実験データの信頼性を損なう恐れがあります。このようにマイコプラズマによるコンタミネーションは哺乳類細胞を培養する上で近年特に重⼤な問題となっています。

全世界で 15% 〜 35% もの細胞がすでに汚染されているとの報告があります。また、⽇本国内においても 15% 〜 20% 程度が汚染されているという研究結果もあります。実験系で使⽤する細胞を⽇常的に検査をし、健常な細胞に予防薬を適⽤することで、汚染を防ぐことが世界的にも推奨されています。

関連パンフレット

今回のキャンペーン対象製品が掲載されているパンフレットです。これらパンフレットにはキャンペーン対象外の製品も含まれていますことにご注意ください。 画像やタイトルをクリックすると PDF ファイルがダウンロードできます。

 

InvivoGen Infocus Cell culture contamination 日本語版

CELL CULTURE
CONTAMINATION

InvivoGen Antimicrobial Agents 日本語版

ANTIMICROBIAL
AGENTS

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。