News & Topics

LabFab News Vol.14 December 発行

掲載内容

各ページのPDFをご覧になれます。

オートファゴソームを特異的に認識
オートファジーアッセイキット
(PDF 158KB)

AAT Bioquest

本製品では、オートファゴソームを特異的に認識するマーカーを用いてオートファジーの活性を解析します。接着細胞および浮遊細胞の両方に対応しています。

オートファジー研究試薬 (PDF 160KB)

InvivoGen

InvivoGen社では、オートファジーに関連する誘導剤・阻害剤や各種遺伝子を用意しています。ここではオートファジー誘導剤・阻害剤とGFP融合遺伝子を紹介します。

オートファジー活性化剤・阻害剤 (PDF 405KB)

Tocris

Tocris社では、さまざまなターゲットに対するアゴニスト、アンタゴニストを用意しています。今回は、オートファジーに作用する活性化剤および阻害剤を紹介します。

オートファジー関連抗体 (PDF 164KB)

Atlas Antibodies

Atlas Antibodies社の抗体は、正常・がん組織や各種細胞株で検証した免疫染色のデータが豊富な高品質な抗体を提供しています。今回は、オートファジーに関連する抗体から、一部の製品を紹介します。

Annexin V-FITC Apoptosis Detection Kit (PDF 368KB)

ナカライテスク

本製品はアポトーシスを検出するキットです。FITCで蛍光標識したアネキシンVとPIを利用し、初期のアポトーシスと後期のアポトーシスを検出することが可能です。

THP1-Dual™ KO-STING Cells (PDF 330KB)

InvivoGen

本細胞は、THP1-Dual™ 細胞のSTING遺伝子をノックアウトしたレポーター細胞です。本細胞は、これまでに同定されている全ての細胞質DNAセンサー分子を発現(ZBP1を除く)していることから、DNAセンサーのパスウェイに関する研究に有用です。

核酸医薬研究用修飾ヌクレオチド (PDF 157KB)

TriLink

修飾ヌクレオチドは、核酸医薬、エピジェネティクス研究、再生研究分野などさまざまな研究分野で応用されています。TriLink社は、目的に応じた多種多様な修飾ヌクレオチドを販売しています。今回は核酸医薬研究(アプタマー、antagomir、siRNA)関連製品を紹介します。

プロテインアッセイCBB溶液(Ready To Use) (PDF 179KB)

ナカライテスク

タンパク質定量法の中でBradford(CBB)法はその迅速性から汎用されています。本製品は、使用時に希釈の手間不要なready to useタイプのタンパク質定量用試薬です。

大容量を追加
還元剤TCEP-HCl
(PDF 170KB)

ナカライテスク

TCEP-HCl〔Tris(2-carboxyethyl)phosphine Hydrochloride〕は、2-メルカプトエタノールと異なり毒物に該当しない還元剤で、電気泳動用試料緩衝液やサンプル抽出時などタンパク質研究で広く使用されています。お得な10g容量も新しく追加しました。

全ページ分のPDFはこちら

lab_77_200.jpg