HIC

  • 疎水性の違いで分離
  • 酵素活性や3次構造を損なわずに分離

物性

HIC充填剤物性一覧表

充填剤名称 HIC
シリカゲル 全多孔性球状高純度シリカゲル
平均粒子径 5 µm
平均細孔径 約300Å
比表面積 約150m2/g
主な相互作用 疎水性相互作用

分析例

標準タンパク質の分離

疎水性クロマトグラフィーにおいては1.0〜2.0mol/lの硫酸アンモニウムを含む緩衝液を初期溶離液として、タンパク質を充填剤に吸着させた後、徐々に塩濃度を下げて疎水性の低いタンパク質から順に充填剤から脱離させてカラムから溶出させます。下記の分離例では、ミオグロビンは、塩濃度が高い条件下においても早く溶出し、後に溶出するBSAよりも相対的に固定相との相互作用が小さいタンパク質であることが示唆されます。

標準タンパク質の分離

分析条件
カラム COSMOSIL 5HIC 4.6mmI.D.×50mm
移動相 A: 20mmol/l Phosphate Buffer+100mmol/l Na2SO4+1.5mol/l (NH4)2SO4(pH6.0)
B: 20mmol/l Phosphate Buffer+100mmol/l Na2SO4(pH6.7)
B conc. 0→100% 10min Linear gradient
流速 1.0ml/min
温度 30℃
検出 UV 220nm
サンプル
  1. Myoglobin (1.0µg)
  2. β-Lactoglobulin (2.0µg)
  3. Hemoglobin, Bovine (5.0µg)
  4. Albumin, Bovine[BSA] (2.0µg)

粗β-Glucosidaseの分離

5HICカラムで粗製のタンパク質を分離する時は硫酸アンモニウム濃度を2.0〜0mol/lの間で使用しますが、さらに相互分離を改善させるためには、グラジエント時間をより長くすることで相互分離を高めることが可能となると考えられます。

粗β-Glucosidaseの分離

分析条件
カラム COSMOSIL 5HIC 4.6mmI.D.×50mm
移動相 A:20mmol/l Phosphate Buffer+100mmol/l Na2SO4+2.0mol/l (NH4)2SO4(pH6.0)
B:20mmol/l Phosphate Buffer+100mmol/l Na2SO4(pH6.7)
B conc. 0→100% 10min Linear gradient
流速 1.0ml/min
温度 30℃
検出 UV 220nm
サンプル 粗β-Glucosidase (15µg)

価格表

分析カラム(粒子径5µm)

製品名 サイズ 製品番号 価格
COSMOSIL 5HIC Packed Column 4.6mml.D.×50mm 04263-21 45,000
※掲載の内容は、'16年10月現在の情報に基づいております。