COSMOSIL

HPLC / UHPLC用カラムケア製品逆相クロマトグラフ用カラム洗浄キット・保存液

0896630-250.jpg

高価なカラムを長持ちさせるため、また安定したデータを得るためには、適切な洗浄法でカラムを洗浄し、適切な保存法でカラムを保存することが重要です。弊社では、逆相クロマトグラフ用カラムケア製品を販売していますので紹介します。

ご注意
逆相クロマトグラフ用カラム洗浄キットおよびカラム保存液が適用可能なカラムは、COSMOSIL C18-MS-Ⅱ、
C18-AR-Ⅱ、 C18-PAQ、C18-EB、Cholester、πNAP、PYE、PBr、COSMOCOREシリーズなどの逆相カラムです。Sugar-D、HILIC、順相カラム、イオン交換カラム、キラルカラム、などには使用できませんのでご注意ください。
※弊社上記COSMOSIL、COSMOCOREカラムだけでなく、各社C18系のカラムにもご使用いただけます。

逆相クロマトグラフ用カラム洗浄キット

カラム洗浄キットは、カラムに吸着した汚れや、剥離した固定相を洗浄するために最適化された組成を持つ洗浄用試薬キットです。

カラムの汚染により発生する現象は以下のような原因が考えられます。

a-14-p1-geiin.png

まずはカラム洗浄キットをお試しください。

比較例

洗浄の有無による分析圧力上昇の比較

天然物の分析をCOSMOSIL 5C18-MS-Ⅱ 4.6 mmI.D.×150 mmカラムを使って繰り返し行いました。その途中で、本キットを用いて洗浄を行ったカラムと洗浄を行わなかったカラムについてその分析圧力を測定し、洗浄効果を比較しました。

a-14-p2-hikakurei-2.png

測定条件
カラム COSMOSIL 5C18-MS-Ⅱ 4.6 mmI.D.×150 mm
移動相 メタノール:水=70:30
流 速 1.0 mL/min
温 度 40℃
洗浄条件
流 速 1.0 mL/min
洗浄液A 15分→洗浄液B 30分

上図のようにカラムは洗浄しないで使用し続けると、圧力が顕著に上昇していきますが、途中で洗浄をすることにより圧力の上昇を遅らせ、カラムを長持ちさせることができます。また装置への負担も軽減できます。

使用例

ベースラインの安定化

カラム内に非常に保持の長い成分が残存しているまたは固定相の剥離が発生しているなどの原因により、分析開始時になかなかベースラインが安定しない場合があります。特にクルードなサンプルを分析する場合、その成分の性質の多様性が見られるため、目的成分の分析が終了しても、いつまでも不要なピークが出続ける、または非常に保持の長い成分が出てこないことがあります。この場合、長時間移動相を流し続けることで、次の分析に入ることが可能ですが、どのタイミングで次のサンプルの分析を開始したら良いかわからず、前回の分析のピークと次の分析のピークが重なってしまい、正確な分析が行えなくなることがあります。このような時、カラム洗浄キットを使用すれば、簡単便利、いつでも正確な分析を行うことが可能です。

洗浄方法 洗浄液A 15分→洗浄液B 30分

a-14-p2-siyourei.png

本キットによる洗浄で、ベースラインは安定化されました。

使用方法

逆相クロマトグラフ用カラム洗浄キット(4.6 mmI.D.×150 mmカラムの場合)

  1. カラム内をHPLC用蒸留水に置換します。(流速1 mL/min,30分間)
    (塩類を含有する移動相を使用している場合の前処理です。
    塩類を含まない移動相の場合は、2.の操作から開始してください。)
  2. 洗浄液Aを通液し(流速1 mL/min,15分間)、カラム内を洗浄します。
  3. 洗浄液Bを通液し(流速1 mL/min,15分間)、カラム内を洗浄します。
    (通液後ベースラインが安定していることを確認した後、4.の工程に進みます。目安としては概ね15分ですが、安定しない場合は、洗浄液Bの通液時間を延長してください。)
  4. カラム内を洗浄液Aに置換します。(流速1 mL/min,15分間)

その後カラムを使用されない場合は、”逆相クロマトグラフ用保存液”で保存されることをお薦めします。

キット構成

試薬名主な成分容量数量容器
洗浄液A メタノール 500 mL 2 本 褐色ガラス瓶
洗浄液B テトラヒドロフラン・メタノール 500 mL 1 本 褐色ガラス瓶

価格表

製品名法規規格製品番号容量価格
逆相クロマトグラフ用カラム洗浄キット

危4-1 水

SP 08966-30 1 kit e-Nacalai.jpg

逆相クロマトグラフ用カラム保存液

逆相クロマトグラフ用カラム保存液は、カラムを適切な条件下で保存するための溶液です。

使用方法

逆相クロマトグラフ用カラム保存液(4.6 mmI.D.×150 mmカラムの場合)

  1. カラム内をHPLC用蒸留水に置換してください。(流速1 mL/min,30分間)
    (高濃度の緩衝液を含有する移動相を用いている場合の前処理になります。
    塩類を含まない移動相の場合は、2.の操作から開始してください。)
  2. カラム保存液を通液後(流速1 mL/min,15分間)、保存します。

価格表

製品名法規規格製品番号容量価格
逆相クロマトグラフ用カラム保存液

SP 08967-20 1 kit(500 mL) e-Nacalai.jpg
※掲載の内容は、18年1月現在の情報に基づいております。