製品情報

Plant Cell Technology社 植物用有害生物防除剤 PLANT PRESERVATIVE MIXTURE™(PPM™)

PLANT PRESERVATIVE MIXTURE™(PPM™)は植物組織培養時における有害な微生物(細菌やカビ)の成長を抑制・防御する研究用試薬です。

seihinsyasin.png

特長

  • 適量添加で、バクテリアとカビ胞子発芽(内因性コンタミ)を防止
  • 熱安定性がよく、培地と同時にオートクレーブが可能
  • 処理後は、面倒なすすぎ不要*
  • 細菌・カビ等の特定酵素をターゲットとしているので、in vitroでの種の発芽、
     カルスの形成や植物体の再生に影響なし

* 外植片、塊茎などでは、事前に殺菌処理(塩素系殺菌剤など)を要する場合があり、水での「すすぎ」が必要となります。

有効成分

5-Chloro-2-methyl-3(2H)-isothiazolone 0.1350%

2-Methyl-3(2H)-isothiazolone 0.0412%

使用方法

培地への推奨添加量(参考値)

培地1Lのとき、0.05~0.2%(v/v)(0.5~2.0ml PPM™/1L培地量)

  • 軽度なバクテリア、胞子および芽胞などの内因性の汚染や外気由来のコンタミを防止します。
  • PPM™は、培地のオートクレーブ処理前または後で添加できます。

使用目的別

内因性コンタミの防除に!

illust.png

①種子
②茎頂、葉、茎などの外植片
③塊茎、球根など

それぞれ使用濃度等が異なりますのでご注意ください。

培養植物がコンタミしてしまった場合に! -Rescue treatment-

流水下で柔らかいブラシで材料を洗った後、50%PPM™溶液で15~30分間攪拌します。ひどくバクテリアなどが混在しているコンタミについては、推奨のpH(2.8~3.2)にして抑制します(PPM™ 100%濃度のものを0.6g/Lくえん酸溶液(滅菌水で希釈)で1 : 1に調製したものを使用)。その後すすぎをしないで、0.05~0.2%PPM™を添加した培地に少なくとも1ヶ月間置床します。ただし最初の10日間は培養物への照射は避けてください。

アグロバクテリウムの除去に!

共存培養の後、濾過機を用いて十分な滅菌水で葉(leaf discs)の表面をすすぎ、2~5分間50~100%PPM™溶液中に浸します。滅菌ペーパータオルで葉を拭き取り、通常使用している濃度の選択抗生物質と0.05~0.1%PPM™を培地に添加するか、もしくは通常の25~50%濃度の抗生物質と0.05~0.1%PPM™を培地に添加します。

プロトプラストに!

細胞分裂の開始のときに0.05~0.1%PPM™のみを添加します。もしプロトプラストがコンタミした場合、内因性のコンタミを取り除く方法によって除いたのち、プロトプラストを単離してください。細胞分裂後に0.05~0.1%PPM™を添加すると、空気由来のコンタミのみを防ぐことになります。

使用例

gazou.png

1/2・ムラシゲ&スクーグ(MS)培地無機塩に2% PPM™を添加し4日間培養・殺菌処理を行った。シロイヌナズナ種子(カナマイシン耐性遺伝子導入済)をその後、PPM™を含まないプレートに播種し、1週間ほど生育させた形質転換体をカナマイシンで選択。

写真ご提供:(独)理化学研究所 植物研究センター 植物ゲノム機能研究グループ、植物ゲノム機能研究チーム

松井 南 先生 / 山本 義治 先生

その他の使用例はこちらのPDFをご覧ください(383KB)

注意

取り扱いおよび培養手順上の注意

  1. PPM™を添加した培地は、クリーンベンチの外で分注すると外気にさらされます。コンタミを増やさないため、寒天が固化したのちすぐに組織培養用プレートにフタをしてください。ポンプ による培地の分注の場合は、培地を分注する前と後にホースにオートクレーブした熱水を通すことをお勧めします。
  2. 種子の表面に高濃度のカビ・バクテリアが見うけられる場合、事前に塩素系殺菌剤で処理を行ってからPPM™の使用をお勧めします。この場合は塩素系殺菌剤のすすぎ処理が必要となります。

さらに詳しい情報は、Plant Cell Technology社のWeb siteをご参照ください。

価格表

製品名貯法

メーカー

製品番号

製品

番号

容量オンライン
カタログへ

PLANT PRESERVATIVE MIXTURE™

(PPM™)

冷蔵 PPM-100 26062-84 100 ml e-Nacalai.jpg

※記載の内容は、'17年1月現在の情報に基づいております。