製品情報

LDH 細胞毒性アッセイキット

本製品は、細胞膜に傷害を受けた死細胞を測定できるキットです。少量かつ冷蔵保存が可能(3 カ月)で、無駄が少なく取り扱いも容易です。

特長

  • 無駄の少ない少量タイプ(100 回用、500 回用)
  • ワンボトルタイプで試薬の調製が不要
  • 冷蔵・冷凍の両方で保存が可能(冷蔵:3 カ月、冷凍:2 年)
  • 培養上清を用いることでさまざまな測定法と合わせた評価が可能
ldh_image_tokuchou.png

原理

本製品は LDH(乳酸デヒドロゲナーゼ)を指標として傷害を受けた細胞を検出します。

ldh_image_genri1.png ldh_image_genri2.png
① 細胞膜に傷害を受けた死細胞(ネクローシス細胞など)の場合、LDH が細胞から培地中に遊離されます。 ② 培地中に遊離した LDH は、上記の反応を触媒し、ホルマザンを産生します。このホルマザンの 490 nmの吸光度を測定することで、LDH の活性を測定します。

実施例

メリチンの細胞傷害活性

ldh_image_jissirei.png

播種 24 時間後の B16/BL6 細胞(1×104 cells/ウェル)に各濃度のメリチンを添加し、約 30 分後にアッセイを開始した。アッセイは各ウェルに基質液を直接添加する方法で行った。その結果、メリチンの濃度に依存し、細胞傷害活性が強くなることが示された。

データご提供:京都大学大学院 薬学研究科 病態情報薬学分野 山下 拓真 研究員

使用方法

アッセイは 2 種類の方法で実施できます。

培養上清の回収後、基質液を添加する方法プレートに基質液を直接添加する方法
ldh_image_siyouhouhou_1.png ldh_image_siyouhouhou_2.png
培養上清を用いることから、別のアッセイ法と組み合わせて評価できます。 直接ウェルに添加するだけの操作で簡便です。

応用例

生細胞数測定試薬との併用

生細胞数測定試薬(MTT、WST-8 など)による細胞数減少の結果からは、細胞が死滅したのか、増殖活性が抑制された状態なのかは判別できません。本製品を併用することで、より厳密に評価できます。

キット内容

アッセイに必要な全ての試薬が含まれています。

キット内容物概要
基質液 補酵素・色素などを含む溶液
細胞溶解液 ポジティブコントロール調製用溶解液
反応停止液 反応停止用溶液

有効期限

冷蔵:3 カ月

冷凍:2 年

※本製品は冷凍で販売します。ご購入後に冷蔵で保存される場合、3 カ月以内にご使用ください。

価格表

製品名製品番号容量

オンラインカタログへ

LDH Cytotoxicity Assay Kit 18250-64 100 tests e-Nacalai.jpg
18250-35 500 tests

※記載の内容は、'18 年 6 月現在の情報に基づいております。
※研究者の皆様のご所属などは、データご提供時の情報に基づいております。