製品情報

翻訳効率を高める新たなキャッピング技術TriLink BioTechnologies 社 CleanCap® Technology

mRNA を用いた医薬品開発の研究が活発になってきており、新型コロナウイルスワクチンをはじめ、がん免疫治療、ゲノム編集、再生医療などへの応用も期待されています。効果的な mRNA を合成するうえで重要なのが 5' 末端側に付加するキャップです。TriLink BioTechnologies 社(以下 TriLink 社)が開発した独自のキャッピング試薬 CleanCap® は、ワンポットで Cap 1 構造を付加することができ、さらにキャッピング効率が高いため、従来と比べて翻訳効率の高い mRNA を合成することが可能です。
また、CleanCap® M6 は、mRNA の 1 塩基目部分にあたるアデノシン 6 位の窒素原子をメチル化することで、デキャッピングを防ぎ、CleanCap® シリーズの中で最高の翻訳効率となっています。

特長

  • 高い翻訳効率
  • 高いキャッピング効率(95 ~ 99%)

 

性能評価

高い翻訳効率(ARCA と CleanCap® の比較)

d003021_hyouka_1.png

LNP に封入した FLuc mRNA をマウステイルの静脈に注入し、24 時間後の FLuc の発現量を確認しました。CleanCap® でキャッピングした mRNAは、ARCA(Anti-Reverse Cap Analog)と比べて自然免疫応答が低減されているため、FLuc の発現量が多くなっています。また、CleanCap® M6 はデキャッピング耐性があるため、CleanCap® AG や AG(3’OMe)と比べてさらに発現量が多いことがわかります。

高いキャッピング効率(95 ~ 99%)

d003021_hyouka_2.png

キャッピング効率を比較した結果、CleanCap® は ARCA と比べてキャッピング効率が高いことが示されています。

ARCA CleanCap®
キャッピング効率 60 ~ 80% 95 ~ 99%
キャップ構造 Cap 0 Cap 1

翻訳効率の高い mRNA の合成が可能
CleanCap® 試薬

TriLink 社では Cap 1 構造を mRNA に付加できる CleanCap® 試薬を販売しています。ARCA と同じ手法でキャッピングすることが可能で、さらにキャッピング効率も ARCA と比べて優れています。

特長

  • Cap 1 構造を有しているため、自然免疫応答が低減

ラインアップ

CleanCap® M6

Cap 1 構造に加え、アデノシン 6 位の窒素部分をメチル化することで、デキャッピングを防ぎ、翻訳効率を高めることができます。
T7 プロモーター配列直後の転写開始配列が AGG である必要があります。

 

d003021_Clean_AG.svg

 

d003021_AG.svg

CleanCap® AG

真核生物で見られる、一般的なキャップ構造(Cap 1)を有しています。
T7 プロモーター配列直後の転写開始配列が AGG である必要があります。

 

d003021_Clean_AG.svg

 

d003021_AG.svg

CleanCap® AG(3'OMe)

Cap の糖部分をメチル化することで、翻訳効率を高められる場合があります。
T7 プロモーター配列直後の転写開始配列が AGG である必要があります。

 

d003021_Clean_AG.svg

 

d003021_AG3OMe.svg

CleanCap® AU

自己増幅 mRNA(self-amplifying RNA)の合成を検討しているお客さまにお薦めです。アルファウイルス発現ベクターに由来する自己増幅 RNA は、AU 配列で転写が開始することが知られており、この AU 配列は複製において重要とされています*。
T7 プロモーター配列直後の転写開始配列が AU である必要があります。

 

d003021_Clean_AU.svg

 

I-483-CleanCap-AU-tensyabubun.png

アルファウイルスの転写開始部分

 

d003021_AG.svg

 

* Reference:
Kulasegaran-Shylini, R. et al.
Structural and Functional Elements of the Promoter Encoded by the 5' Untranslated Region of the Venezuelan Equine Encephalitis Virus Genome.
J. Virol. 2009, 83(17), p. 8327–8339.

価格表

製品名メーカー
製品番号
容量オンライン
カタログへ
CleanCap® Reagent M6 N-7453-1 1 µmol e-Nacalai.jpg
N-7453-5 5 µmol e-Nacalai.jpg
N-7453-10 10 µmol e-Nacalai.jpg
CleanCap® Reagent AG N-7113-1 1 µmol e-Nacalai.jpg
N-7113-5 5 µmol e-Nacalai.jpg
N-7113-10 10 µmol e-Nacalai.jpg
CleanCap® Reagent AG (3'OMe) N-7413-1 1 µmol e-Nacalai.jpg
N-7413-5 5 µmol e-Nacalai.jpg
N-7413-10 10 µmol e-Nacalai.jpg
CleanCap® Reagent AU N-7114-1 1 µmol e-Nacalai.jpg
N-7114-5 5 µmol e-Nacalai.jpg
N-7114-10 10 µmol e-Nacalai.jpg

キャッピングや修飾塩基への置換が可能
mRNA 合成受託サービス

mRNA 合成受託サービスの詳細はこちら

CleanCap® と改変技術の併用で免疫応答低減
修飾・改変 mRNA

合成 mRNA を自然免疫応答から回避するために、キャップ構造を付加する以外に、RNA の構成成分の一つであるウリジンの含有量を最小限に減らすこと、除去できないウリジンを修飾ウリジンに置換することが効果的であると報告されています。 TriLink 社では、CleanCap® によるキャッピングに加え、ウリジンの含有量を削減し、かつ修飾ウリジンで置換を施した免疫応答誘導性の低い mRNA を販売しています。

特長

  • 修飾・改変による免疫応答低減

性能評価

ウリジン含有量削減と修飾ウリジンの併用効果

I-483-Udepleted.png

FLuc をコードする mRNA を THP-1 細胞に導入し発現させた結果、ウリジン含有量を削減し(U depleted FLuc)、かつ 5-メトキシウリジン(5moU)で置換した mRNA が最も自然免疫応答を回避していることが示されています。

価格表

製品名メーカー
製品番号
容量オンライン
カタログへ
CleanCap® EGFP mRNA (5moU)L-7201-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7201-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7201-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® FLuc mRNA (5moU)L-7202-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7202-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7202-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® mCherry mRNA (5moU)L-7203-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7203-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7203-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® Renilla Luc mRNA (5moU)L-7204-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7204-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7204-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® Cas9 mRNA (5moU)L-7206-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7206-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7206-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® Cas9 Nickase mRNA (5moU)L-7207-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7207-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7207-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® beta gal mRNA (5moU)L-7208-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7208-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7208-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® EPO mRNA (5moU)L-7209-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7209-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7209-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® OVA mRNA (5moU)L-7210-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7210-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7210-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® Cre mRNA (5moU)L-7211-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7211-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7211-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® EGFP mRNAL-7601-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7601-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7601-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® FLuc mRNAL-7602-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7602-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7602-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® Cas9 mRNAL-7606-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7606-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7606-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® beta gal mRNAL-7608-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7608-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7608-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap® Ova mRNAL-7610-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7610-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7610-55 X 1 mge-Nacalai.jpg

製品名に (5moU) が含まれる製品は、ウリジン含有量を削減し、かつ修飾ウリジンで置換した製品です。
また、当製品はキャッピングとして CleanCap® AG を使用しています。CleanCap® M6 を使用した mRNA をご要望の場合は、弊社営業担当または販売取扱店までお問い合わせください。

CleanCap® は TriLink BioTechnologies, LLC の登録商標です。

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。