製品情報

翻訳効率を高める新たなキャッピング技術TriLink社 CleanCap™ Technology

mRNA へのキャッピングは、細胞内の自然免疫応答を回避するために必須です。現行では、ARCA を用いたキャッピングが主流ですが、キャップ構造が Cap 0 であるためパターン認識受容体である RIG-I に作用し、さらにキャッピング効率が低いという問題があります。TriLink 社 の CleanCap™ を用いたキャッピングでは、mRNA に Cap 1 構造が付加されるため RIG-I には作用せず、翻訳効率の高い mRNA の合成が可能です。さらにキャッピング効率も非常に高いです。TriLink 社では CleanCap™ 技術を用いたサービス・製品を提供しています。

特長

  • 自然免疫応答低減(Cap 1 構造)
  • キャッピング効率が高い(90~99%)

 

性能評価

自然免疫応答低減(CleanCap™ と ARCA の比較)

mRNA 導入キットを用いて mRNA 1 µg を導入し、24 時間後または 72 時間後に解析を行いました。

CleanCap™ EGFP mRNA ARCA EGFP mRNA
CHO 細胞
72 時間後
I-483-CleanCap-CHO.png I-483-ARCA-CHO.png
包皮線維芽細胞
24 時間後
I-483-CleanCap-Foreskinfibroblast.png I-483-ARCA-Foreskinfibroblast.png
iPS 由来心筋細胞
24 時間後
I-483-CleanCap-iPS.png I-483-ARCA-iPS.png

CleanCap™ でキャッピングした mRNA は、ARCA と比べて自然免疫応答が低減されているため、EGFP の発現量が多くなっています。

キャッピング効率

I-483-capping.png

キャッピング効率を比較した結果、CleanCap™(左)は ARCA(右)と比べてキャッピング効率が高いことが示されています。

CleanCap™ ARCA
キャッピング効率 90~99% 60~80%
キャップ構造 Cap 1 Cap 0

キャッピングや修飾塩基への置換が可能
mRNA 合成受託サービス

TriLink 社の in vitro 転写による RNA 合成受託サービスは、化学合成とは異なり、長鎖 RNA やキャッピングを施した RNA の合成に最適です。また、キャップ付加による免疫応答低減だけでなく、ヌクレアーゼ耐性向上のために修飾塩基を用いた合成も可能です。

特長

  • さまざまなオプションを選択可能
  • 幅広いスケールに対応(µg から数百 mg まで対応可能)

サービス内容

サービス内容の詳細は TriLink 社の Web site をご参照ください。

https://www.trilinkbiotech.com/mRNA/custommrna.asp

見積もり方法

TriLink 社の Web site に見積もりフォームを用意していますのでご利用ください。

https://www.trilinkbiotech.com/mRNA/quote.asp

 

※見積もりフォームの Notes 欄に必ず「Quotes to Nacalai」とご記入ください。

 

次の 1 から 3 は見積もりの際に選択していただく内容です。

1. テンプレートの選択

お客様保有のテンプレート(PCR 産物、プラスミド)を提供されるか、もしくは TriLink 社に配列の合成およびクローニングを依頼されるかを選択します。

2. 転写スケールの選択

転写スケールを選択します。以下は 1~2 kb を転写した場合の予想収量です。

転写スケール RNA 収量(キャップなし) RNA 収量(キャップあり)
0.5 mL 0.5~1.5 mg 0.25~0.75 mg
1.0 mL 1~3 mg 0.5~1.5 mg
2.0 mL 2~6 mg 1~3 mg
4.0 mL 4~12 mg 2~6 mg
6.0 mL 6~18 mg 3~9 mg
10 mL 10~30 mg 5~15 mg

上記に記載のないスケールでも対応可能です。

3. オプションの選択

キャッピング

CleanCap™、ARCA、mCAP、Vaccinia、2'-O-Methyltransferase、poly A tail などを末端に修飾することが可能です。

修飾塩基

5-MeC、2-ThioU、N6-MeA などさまざまな修飾塩基を用いた合成が可能です。

酵素処理

DNase 処理、ホスファターゼ処理を追加で実施可能です。

CleanCap™ と改変技術の併用で免疫応答低減
修飾・改変 mRNA

合成 mRNA を自然免疫応答から回避するために、キャップ構造を付加する以外に、RNA の構成成分の一つであるウリジンの含有量を最小限に減らすこと、除去できないウリジンを修飾ウリジンに置換することが効果的であると報告されています。 TriLink 社では、CleanCap™ によるキャッピングに加え、ウリジンの含有量を削減し、かつ修飾ウリジンで置換を施した免疫応答誘導性の低い mRNA を販売しています。

特長

  • 修飾・改変による免疫応答低減

性能評価

ウリジン含有量削減と修飾ウリジンの併用効果

I-483-Udepleted.png

FLuc をコードする mRNAを THP-1 細胞に導入し発現させた結果、ウリジン含有量を削減し(U depleted FLuc)、かつ 5-メトキシウリジン(5moU)で置換した mRNA が最も自然免疫応答を回避していることが示されています。

価格表

製品名メーカー
製品番号
容量オンライン
カタログへ
CleanCap™ EGFP mRNA (5moU)L-7201-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7201-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7201-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ FLuc mRNA (5moU)L-7202-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7202-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7202-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ mCherry mRNA (5moU)L-7203-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7203-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7203-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Renilla Luc mRNA (5moU)L-7204-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7204-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7204-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Cas9 mRNA (modified)L-7206-2020 µge-Nacalai.jpg
L-7206-100100uge-Nacalai.jpg
L-7206-10001 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Cas9 Nickase mRNA (5moU)L-7207-2020 µge-Nacalai.jpg
L-7207-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7207-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7207-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ β-Gal mRNA (5moU)L-7208-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7208-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7208-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ EPO mRNA (5moU)L-7209-2020 µge-Nacalai.jpg
L-7209-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7209-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7209-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ OVA mRNA (5moU)L-7210-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7210-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7210-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Cre mRNA (5moU)L-7211-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7211-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7211-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ EGFP mRNAL-7601-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7601-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7601-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ FLuc mRNAL-7602-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7602-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7602-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Cas9 mRNAL-7606-2020 µge-Nacalai.jpg
L-7606-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7606-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7606-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ β-Gal mRNAL-7608-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7608-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7608-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Ova mRNAL-7610-2020 µge-Nacalai.jpg
L-7610-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7610-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7610-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Cyanine 5 EGFP mRNA (5moU)L-7701-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7701-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7701-55 X 1 mge-Nacalai.jpg
CleanCap™ Cyanine 5 FLuc mRNA (5moU)L-7702-100100 µge-Nacalai.jpg
L-7702-10001 mge-Nacalai.jpg
L-7702-55 X 1 mge-Nacalai.jpg

製品名に(5moU)もしくは(modified)が含まれる製品は、ウリジン含有量を削減し、かつ修飾ウリジンで置換した製品です。

翻訳効率の高い mRNA の合成が可能
CleanCap™ 試薬

TriLink 社では Cap 1 構造を mRNA に付加できる CleanCap™ 試薬を販売しています。ARCA と同じ手法でキャッピングすることが可能で、さらにキャッピング効率も ARCA と比べて優れています。

CleanCap™ の構造式

CleanCap™ Reagent AG(3' OMe)

I-483-N-7413.png

価格表

製品名メーカー
製品番号
容量オンライン
カタログへ
CleanCap™ Reagent AG (3' OMe)N-7413-11 µmolee-Nacalai.jpg
N-7413-55 µmolese-Nacalai.jpg
N-7413-1010 µmolese-Nacalai.jpg

キャッピング条件として T7 プロモーター配列直後の転写開始配列が AGG である必要があります。
5' TAATACGACTCACTATAAGGNNNNNNNNNNNN・・・ 3'

※記載の内容は、'18年5月現在の情報に基づいております。