製品情報

細胞溶解液RIPA Buffer

RIPA Bufferは界面活性剤を含んだタンパク質抽出用の緩衝液で、タンパク質の可溶化・抽出に使用されます。抽出されたタンパク質は、ウェスタンブロッティングや免疫沈降などのアプリケーションに使用できます。

製品ラインアップ

弊社では、RIPAの基本組成で構成される1×調製済み(ready to useタイプ)の製品と、プロテアーゼ阻害剤カクテルを含有し、免疫沈降時に悪影響を与える可能性のあるSDSを別添付した10倍濃縮タイプの2製品を販売しています。

製品名RIPA BufferRIPA Buffer(10x)
製品番号16488-3408714-04
濃縮1×(ready to use)10×
プロテアーゼ
阻害剤カクテル
不含含有
SDS含有不含(1% SDS溶液を添付)
保存冷蔵冷凍
組成
  • 50mmol/l Tris-HCl buffer(pH7.6)
  • 150mmol/l NaCl
  • 1% Nonidet® P40
  • 0.5% Sodium Deoxycholate
  • 0.1% SDS
【1×溶液調製後(SDS添加)】
  • 50mmol/l Tris-HCl buffer(pH7.6)
  • 150mmol/l NaCl
  • 1% Nonidet® P40
  • 0.5% Sodium Deoxycholate
  • Protease Inhibitor Cocktail(1×)
  • (0.1% SDS)
製品外観d004005_lineup_16488.jpgd004005_lineup_08714.jpg
容量/セット内容100ml
  • RIPA Buffer(10x): 2ml×5本
  • SDS Solution(1% SDS): 2ml×5本

RIPA Buffer(#16488-34)

RIPA Buffer(#16488-34)は調製済みの溶液で、開封後そのまま使用できます。研究目的によっては、プロテアーゼ阻害剤やホスファターゼ阻害剤を添加して使用することも可能です。

使用例

RIPA Buffer抽出タンパク質の電気泳動

RIPA Buffer(#16488-34)に次の阻害剤を1%または2%の濃度で添加、HL-60細胞からタンパク質を抽出し、SDS-PAGEを行いました。

  • プロテアーゼ阻害剤カクテル(一般用)(#04080)
  • プロテアーゼ阻害剤カクテル(動物細胞抽出物用)(#25955)
  • ホスファターゼ阻害剤カクテル(#07574-61)

d004005_16488_siyourei_sds.png

サンプル:
①Protein Markers(10x)(#29458-24)を1×に調製
②~⑬HL-60細胞から抽出したタンパク質

d004005_16488_siyourei_sds_jyouken.png

*#04080と#25955の双方が混合されているわけではありません。

泳動ゲル:
Extra PAGE One Precast Gel, 5-20%, 13wells(#13063-74)

染色:
CBB Stain One(#04543)

RIPA Buffer抽出タンパク質のウェスタンブロッティング

Lane④と⑫について、リン酸化タンパク質の検出を行いました。

d004005_16488_siyourei_wb.png

サンプル:
④1%ホスファターゼ阻害剤(#07574-61)を添加した場合
⑫ホスファターゼ阻害剤無添加の場合

電気泳動:
Bullet PAGE One Precast Gel, 5-15%, 17wells(#13080-44) 400V 10分

転写:
Bullet Semi-dry Transfer One(#15353-01) 25V 10分

ブロッキング:
Blocking One P(#05999-84) 20分

抗体:
抗p-Tyr(マウス)モノクローナル抗体 HRP標識(Santa Cruz #sc-508 HRP) 2,000倍希釈 60分

検出:
Chemi-Lumi One Super(#02230)

RIPA Buffer(#16488-34)にホスファターゼ阻害剤カクテル(#07574-61)を添加することにより、HL-60細胞由来のリン酸化タンパク質は、ホスファターゼによる影響を回避することができました。

価格表

製品名貯法製品番号容量

オンラインカタログへ

RIPA Buffer

冷蔵 16488-34 100 ml e-Nacalai.jpg

RIPA Buffer(10x)(#08714-04)

SDS Solution添加の有無により、分析の効率を上げることができます。

使用例1

SDS添加による抽出時の効果と免疫沈降時の影響

抽出

d004005_08714_siyourei_chusyutu.png

抽出条件:
冷PBSで洗浄した組織切片100mgに対して、RIPA Buffer 300μlを氷上で30分処理

染色:
CBB Stain One(#04543)

左図:
マウスの胃から各RIPAを用いてタンパク質抽出した溶液
①SDS(-)RIPA
②SDS(+)RIPA
③A社RIPA(SDS入り)

右図:
①Pre-stained Protein Markers(Broad Range)(#02525-35)
②Protein Markers(10x)(#29458-24)
各組織からSDS(+)RIPAを用いてタンパク質抽出した溶液
③Mouse Liver
④Mouse Kidney
⑤Mouse Stomach
⑥Mouse Brain
⑦Mouse Heart

 

免疫沈降

d004005_08714_siyourei_IP.png

抽出条件:
Jurkat Cell 1.0×107個に対して、RIPA Buffer 1mlを氷上で15分処理
①SDS(-)RIPAを用いてタンパク質抽出した溶液
②SDS(+)RIPAを用いてタンパク質抽出した溶液
③Protein Markers(10x)(#29458-24)
④SDS(-)RIPAを用いてタンパク質抽出した溶液から免疫沈降した溶液
⑤SDS(+)RIPAを用いてタンパク質抽出した溶液から免疫沈降した溶液
⑥アガロースコントロール

一次抗体:
抗βアクチン(C4)(マウス),モノクローナル抗体(Santa Cruz #sc-47778)

二次抗体:
抗マウスIgG(ヤギ)HRP標識(Santa Cruz #sc-2005)

左図染色:
Sil-Best Stain One(#06865-81)

右図検出:Chemi-Lumi One L(#07880)

 

抽出時の組織溶解性は、SDS(+)の方が高い結果が得られました。一方、免疫沈降においては、SDS(-)の方が多くのβ-Actinを検出しました。

使用例2

転写因子(SREBP-1、ChREBP)のウェスタンブロッティングによる検出

データご提供:近畿大学農学部 応用生命化学科 応用細胞生物学研究室 森山 達哉 准教授

 

CBB染色

d004005_08714_siyourei_cbb.png

①SDS(+)
②SDS(-)
③B社(SDS入り)

染色:
CBB Stain One(#04543)

 

ウェスタンブロッティング

d004005_08714_siyourei_wb.png

①SDS(+)
②SDS(-)
③B社(SDS入り)

ブロッキング:
Blocking One(#03953)

検出:
Chemi-Lumi One L(#07880)

 

細胞質や核などに存在している抽出しにくいタンパク質が、効率よく抽出できました。

価格表

製品名貯法製品番号容量

オンラインカタログへ

RIPA Buffer(10x)

冷凍 08714-04 1 set e-Nacalai.jpg

※掲載の内容は、'17年10月現在の情報に基づいております。
※研究者の皆様のご所属などは、データご提供時の情報に基づいております。