製品情報

簡単! グラジエントゲル様の分離WIDE RANGE Gel Preparation Buffer(4X) for PAGE

本製品は、アクリルアミド / ビス混合液などに緩衝液として加えるだけで、均一ゲルと同じ作成方法でグラジエントゲルのように分析範囲が広いゲルを作成することができます。泳動緩衝液や試料緩衝液は従来と同じものが使用できます。また、CBB 染色、銀染色などの染色法においても、通常のゲルと同様に染色できます。

特長

  • 広範囲の分子量レンジで分離可能なゲルが作製可能
  • 従来の均一ゲルと同様の簡単な作製方法
  • 分離 / 濃縮ゲルの調製に緩衝液の使い分け不要
  • ゲルの保存性や強度が向上

本製品の特長について詳細を以下に記載します。

製品の使用法 本製品は 4 倍濃縮の中性緩衝液で、Laemmli 法におけるゲル調製のトリス-塩酸緩衝液の代わりに本製品を用いることで、分離ゲルと濃縮ゲルの調製にご使用いただけます。泳動緩衝液、試料緩衝液は Laemmli 法の溶液をご使用いただけます。
ゲルの保存性 / 強度 本製品は中性緩衝液のため、ゲルの保存安定性が Laemmli 法のゲルより改善しています。またゲル強度が高く、取り扱いが容易です。

性能評価

SDS-PAGE

本製品添加 10% アクリルアミドゲルと Laemmli 法 12% アクリルアミドゲルおよびプレキャストグラジエントゲルとの比較

<実験条件>
サンプル:タンパク質マーカー(10倍濃縮)(#29458-24)を 1 × で使用
染色:CBB Stain One(#04543)

p1-1.png

本製品添加 10% ゲルを使用することで、従来の Laemmli 法の 12% ゲルでは分離できなかった低分子タンパク質(6.5、14 kDa)を分離することができました。一方で高分子領域におけるバンド(45 ~ 200 kDa)の移動度は大きくなりました。すなわち本製品を使用するだけで、均一ゲルでもタンパク質の分析範囲が広がりプレキャストグラジエントゲルのような分離が可能となります。

ウェスタンブロッティング

p2-1.png

β-Actin の検出

電気泳動 本製品添加ゲル(10% ゲル)
Laemmli 法のゲル(12% ゲル)
サンプル ① Chemi-Lumi One Markers Kit(#06456-70)
② HeLa 細胞タンパク質抽出液
転写 PVDF メンブレン 10 V、30 min
ブロッキング Blocking One(#03953) 60 min
一次反応 抗 β -アクチンモノクローナル抗体(マウス)(200 倍希釈) 60 min
二次反応 抗マウス IgG〔H+L〕(ヤギ), HRP 標識(5,000 倍希釈)
+Streptavidin(HRP Conjugate)(10,000 倍希釈) 60 min
検出 Chemi-Lumi One Super(#02230)

※本製品添加ゲルは従来の Laemmli 法のゲルと同条件でウェスタンブロッティングに使用できます。

使用例

銀染色(二次元電気泳動)

silver_app-data.jpg

サンプル
HL-60 細胞由来タンパク質

電気泳動
一次元:Immobiline pH 4-7
二次元:本製品添加ゲル(12% ゲル)

染色
Sil-Best Stain One(#06865-81)

Immobiline はジーイー ヘルスケア バイオーサイエンシズ アクチボラグの登録商標です。

ゲル調製表

本表は、「40(w/v)%-アクリルアミド / ビス混合液(29:1)(#06119-45)」または「40(w/v)%-アクリルアミド / ビス混合液(37.5:1)(#06121-95)」を用いて SDS-PAGE 用ポリアクリルアミドゲルを作製する場合のものです。

分離ゲルの調製  単位:mL

アクリルアミド濃度
液 名
10 mL
20 mL
30 mL
40 mL
6% 精製水 5.9 11.8 17.7 23.6
40(w/v)% アクリルアミド / ビス混合液 1.5 3.0 4.5 6.0
本製品 2.5 5.0 7.5 10.0
10(w/v)% ペルオキソ二硫酸アンモニウム溶液 0.1 0.2 0.3 0.4
TEMED 0.008 0.016 0.024 0.032
8% 精製水 5.4 10.8 16.2 21.6
40(w/v)% アクリルアミド / ビス混合液 2.0 4.0 6.0 8.0
本製品 2.5 5.0 7.5 10.0
10(w/v)% ペルオキソ二硫酸アンモニウム溶液 0.1 0.2 0.3 0.4
TEMED 0.006 0.012 0.018 0.024
10% 精製水 4.9 9.8 14.7 19.6
40(w/v)% アクリルアミド / ビス混合液 2.5 5.0 7.5 10.0
本製品 2.5 5.0 7.5 10.0
10(w/v)% ペルオキソ二硫酸アンモニウム溶液 0.1 0.2 0.3 0.4
TEMED 0.006 0.012 0.018 0.024
12% 精製水 4.4 8.8 13.2 17.6
40(w/v)% アクリルアミド / ビス混合液 3.0 6.0 9.0 12.0
本製品 2.5 5.0 7.5 10.0
10(w/v)% ペルオキソ二硫酸アンモニウム溶液 0.1 0.2 0.3 0.4
TEMED 0.006 0.012 0.018 0.024

濃縮ゲルの調製  単位:mL

アクリルアミド濃度
液 名
2 mL
4 mL
6 mL
8 mL
3% 精製水 1.33 2.66 3.99 5.32
40(w/v)% アクリルアミド / ビス混合液 0.15 0.30 0.45 0.60
本製品 0.50 1.00 1.50 2.0
10(w/v)% ペルオキソ二硫酸アンモニウム溶液 0.02 0.04 0.06 0.08
TEMED 0.002 0.004 0.006 0.008

「30(w/v)%-アクリルアミド / ビス混合液(29:1)(#06141-35)」または「30(w/v)%-アクリルアミド / ビス混合液(37.5:1)(#06144-05)」については、30(w/v)%-アクリルアミド / ビス混合液用ゲル調製表の分離ゲル調製用緩衝液(4倍濃縮)(#30651-05)、濃縮ゲル調製用緩衝液(4倍濃縮)(#09267-44)を本製品に置き代えてご使用ください。

<実験条件>
ゲルサイズ:8 cm × 10 cm × 1 mm(ミニゲル)
サンプル:タンパク質マーカー(10倍濃縮)(#29458-24)を 1 × で使用
染色:CBB Stain One(#04543)

p3-1.png

ゲル強度

gel-kyodo.jpg

本製品を添加すると、6% ゲルでも Laemmli 法の 10% ゲルに近い強度があり、泳動後のゲルの取り扱いが容易になります。

価格表

製品名規格貯法製品番号容量オンライン
カタログへ
WIDE RANGE Gel Preparation Buffer(4x) for PAGE SP 冷蔵 07831-94 250 mL e-Nacalai.jpg

*本製品には、SDS は含有されていません。

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。