製品情報

組織化学研究用4%‐パラホルムアルデヒド・りん酸緩衝液

組織標本の作製に汎用される固定液として 10%中性緩衝ホルマリン液を販売していますが、この製品は市販のホルマリンをベースに調製していますので安定剤としてのメタノールが含まれています。
メタノールを含まないホルマリン液が必要な場合は、一般的にパラホルムアルデヒドを溶解し、調製されています。
この場合、パラホルムアルデヒドが飛散する危険性があり、溶解にはアルカリにして加温する必要があるなど手間がかかります。弊社では調製液を 100 mL、500 mL、5 × 10 mL の 3 容量で販売しています。

特長

  • Ready to use
  • 冷蔵保存可能

5 × 10 mL の特長

4%PFA2_web_.jpg

  • 小容量包装でいつでも新鮮な液が使用可能
  • 広口容器(口径 14 mm)採用により、組織片を直接浸漬可能
  • 使い残りが出ないので、廃液量が減少

使用例

ヘマトキシリン・エオシン染色での使用例

HE_web.jpg

サンプル:マウス小腸
固定方法:本製品 浸漬固定(4℃オーバーナイト)
脱パラフィン:リモネン、エタノール 

免疫組織染色での使用例

IHC_web.jpg

サンプル:マウス小腸
固定方法:本製品 浸漬固定(4℃オーバーナイト)
脱パラフィン:リモネン、エタノール
一次抗体:PCNA抗体(FL-261)(Santa Cruz #sc-7907)
染色:ペルオキシダーゼ染色 DAB キット(Brown stain)(#25985-50)

価格表

製品名規格貯法製品
番号
容量オンライン
カタログへ
4%‐Paraformaldehyde Phosphate Buffer Solution
不活性ガス封入    
SP 冷蔵 09154-14 5 X 10 mL e-Nacalai.jpg
09154-56 100 mL
09154-85 500 mL

※掲載の内容は、'19 年 7 月現在の情報に基づいております。