製品情報

iPS 細胞作製キットCytoTune®-iPS

CytoTune®-iPS は、ID ファーマが基盤技術であるセンダイウイルス(SeV)ベクターを用いて開発した iPS 細胞を効率的に作製するキットです。2010 年に CytoTune®-iPS 1.0 の販売を開始して以来、早くから細胞治療や再生医療の研究と進歩に貢献してきました。現在は、培養効率や消失性の向上等、より機能を高めた、研究用 CytoTune®-iPS 2.0、CytoTune®-iPS 2.0L を販売しています。下記の 4 つの特長により、世界中の研究者・企業等から高い評価をいただいており、累計販売数は、既に 10,000 キットを超えています。(2018 年 7 月現在)。世界最高レベルの誘導効率を誇り、安全な iPS 細胞の作製を可能にする CytoTune®-iPS は、iPS 細胞を用いた細胞治療や再生医療の実現を後押ししています。

特長

  1. 遺伝子を傷つけない
  2. ベクターや初期因子が自然に消失
  3. 高い誘導効率
  4. 簡単な手順
tokutyou-0-w700.png

特長説明

特長 1. 遺伝子を傷つけない

遺伝子の傷は細胞の癌化を引き起こしたり、異常な遺伝子発現パターンを引き起こす可能性があり、DNA を骨格とする多くのベクターにおける課題となっています。 一方、CytoTune®-iPS で採用されている SeV ベクターのゲノムは RNA より構成され、そのライフサイクルはすべて細胞質内で完結するため、宿主の染色体に入り込まず、また遺伝子配列を乱すことがありません。

tokutyou-1.png

特長 2. ベクターや初期因子が自然に消失

CytoTune®-iPS は、iPS 細胞の継代培養とともに、ベクターと誘導因子が消去されるように設計されています。改良型の CytoTune®-iPS2.0 では、誘導因子の脱落までの期間が更に短縮し、わずか 2 継代で 80% 以上のコロニーがベクターを消失し、迅速かつ効率よく iPS 細胞を作製することを可能にしています。

tokutyou-2-w700.png

特長 3. 高い誘導効率

SeV ベクターは多くの細胞に対し、感染効率と搭載遺伝子の発現効率が高く、iPS 細胞の誘導効率に非常に優れています。 これまで誘導しにくいとされていた細胞を含め、幅広い細胞からの iPS 細胞の誘導実績があります。 特に、血液細胞からの iPS 細胞樹立に定評があります。

特長 4. 簡単な手順

CytoTune®-iPS は非常に簡便で、細胞に一度感染させ培養を続けるだけで iPS 細胞が出現します。他の誘導方法のように何度も繰り返し遺伝子を導入する必要はありません。

tokutyou-4-w767.png

ライセンスについて

研究・創薬など、目的に応じた 5 つの分野での商用ライセンス

CytoTune®-iPS の技術を、細胞販売・製造サービス・創薬スクリーニング等の事業化に利用いただけるよう商用ライセンスを許諾しております。

cytoTune-ips-license.png

世界中で拡大する CytoTune®-iPS の利用~商用ライセンス契約先拡大中~

iPS 細胞を用いた研究・開発が各国で盛んに行われる中、ここ 1、2 年で商用ライセンス契約数が、飛躍的に増加しており、ライセンスアウト先による iPS 細胞からの分化細胞の作製や商用販売等が行われています。


※商用ライセンスについての詳細は、株式会社 ID ファーマ社(https://www.idpharma.jp/service/#license)までお問い合わせください。

ご購入の前に

ご購入の前に、こちらをお読みください(使用承諾書)


製品説明書

価格表

製品名法規製品番号容量オンライン
カタログへ
CytoTune®-iPS 2.0(非営利機関用) カルタヘナ法該当 69000-41 1 each e-Nacalai.jpg
CytoTune®-iPS 2.0(営利機関用) カルタヘナ法該当 69050-91 1 each e-Nacalai.jpg
CytoTune®-iPS 2.0L(非営利機関用) カルタヘナ法該当 69020-81 1 each e-Nacalai.jpg
CytoTune®-iPS 2.0L(営利機関用) カルタヘナ法該当 69030-51 1 each e-Nacalai.jpg

© 2018 ID Pharma Co., Ltd.

※記載の内容は、'19 年 2 月現在の情報に基づいております。