製品情報

ヒト iPS 細胞分化関連 濃度保証低分子化合物溶液アスクレステム® 低分子化合物溶液シリーズ

AscleStem® 低分子化合物溶液シリーズは濃度保証された ready to use の化合物溶液です。低分子化合物は幹細胞の分化や維持に重要なファクターとして使用されますが、少量で量り取りにくいものも多くあります。本シリーズは正確に濃度コントロールがしたいというご要望を基に製品化しました。第一弾としてAscleStem® Cardiomyocyte Differentiation Medium(#13166-05)と共に使用する低分子化合物、CHIR99021 溶液(10 mM)、SB 431542 溶液(10 mM)、IWP-2 溶液(5 mM)、Estradiol 溶液(1 mM)の 4 製品をラインアップしています。

特長

  • Ready to use
  • アニマルフリー
  • 小分けタイプ(Estradiol を除く)
  • 濃度保証
  • エンドトキシン、マイコプラズマ否定試験済み

製品説明

CHIR99021
CHIR99021 は選択性の高い GSK-3β 阻害剤であり、また Wnt シグナルの活性化剤として作用します。リプログラミング効率の向上や、心筋や神経細胞への分化を促進する作用などが報告されています。
SB 431542
SB 431542 は TGF-β type I 受容体 / ALK5、ALK4 および ALK7 の選択的な阻害剤です。TGF-β によるヒト骨肉腫細胞の増殖を抑制するほか、線維芽細胞の iPS 細胞へのリプログラミングにおいて、リプログラミング因子である Sox2 を代替できることが報告されています。
IWP-2
IWP-2 は Wnt のプロセッシングおよび分泌の阻害剤です。IWP-2 は膜結合型 O-アシル基転移酵素(MBOAT)である PORCN を失活させ、Wnt のパルミトイル化を選択的に抑制するほか、R1 胚性幹細胞での自己複製を抑制して、ヒト多能性幹細胞から心筋細胞への分化を促進すると報告されています。
Estradiol
β-エストラジオールは内在性エストロゲン受容体(ER)のアゴニストです。また、膜型エストロゲン受容体 GRP30 の高親和性リガンドとしても知られています。

使用例:ヒト iPS 細胞から心筋細胞への分化誘導

本低分子化合物溶液シリーズを使用してヒト iPS 細胞から心筋細胞へと分化誘導しました。また、FCM を行い cTnT(心筋トロポニン T:心筋細胞マーカー)の発現を確認しました。

分化誘導プロトコール概要

B-L-154-1.png

FCM(分化誘導 31 日)

B-L-154-2.png

本低分子化合物溶液シリーズを使用し、iPS 細胞から心筋細胞へ分化できることを確認しました。

価格表

製品名毒劇物規格貯法製品番号容量オンライン
カタログへ

AscleStem® CHIR99021 Solution(10mM), Animal-Free

SP
(細胞培養用)
冷凍 21068-74 5 X 100 µL e-Nacalai.jpg
AscleStem® SB 431542 Solution(10mM), Animal-Free SP
(細胞培養用)
冷凍 21235-74 5 X 100 µL
e-Nacalai.jpg
AscleStem® IWP-2 Solution(5mM), Animal-Free SP
(細胞培養用)
冷凍 21236-64 5 X 100 µL
e-Nacalai.jpg
AscleStem® Estradiol Solution(1mM), Animal-Free SP
(細胞培養用)
冷凍 21237-25 500 µL
e-Nacalai.jpg

AscleStem / アスクレステムはナカライテスク株式会社の登録商標です。

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。