製品情報

ヒト iPS 細胞由来神経細胞 培地 / サプリメントアスクレステム® 神経細胞培地 / 神経細胞サプリメント

AscleStem® Neuronal Medium(#21168-35)および、AscleStem® Neuronal Supplement(50x)(#21169-54)は、ヒト iPS 細胞由来神経細胞の培養に使用する無血清培地および無血清サプリメントです。また、AscleStem® Neuronal Supplement(50x)(#21169-54)は、市販の神経細胞培地と組み合わせて使用することも可能です。

特長

  • iPS 細胞由来神経分化細胞に使用可能
  • 血清不含

使用例 1:神経前駆細胞から神経細胞への分化誘導

ヒト iPS 細胞由来神経前駆細胞(分化誘導開始後 17 日目)を500,000 cells/cm2で播種し、本培地および本サプリメントもしくは A 社培地および A 社サプリメントに GlutaMAX およびその他誘導因子を添加し、神経細胞への分化誘導を行いました。また、免疫染色を行い成熟神経細胞のマーカーである MAP2 の発現を確認しました。

位相差観察(分化誘導 26 日)

L-155-p1-1.png

免疫染色(MAP2、分化誘導 56 日)

L-155-p1-2.png

A 社製品と比較して本製品は同等に使用できることが示されました。

データご提供:京都薬科大学 統合薬科学系 西村 周泰 助教

使用例 2:ヒト iPS 細胞株の運動神経細胞への分化誘導

本サプリメントまたは A 社サプリメントを用い、ヒト iPS 細胞を運動神経細胞へと分化誘導しました。また免疫染色を行い、コリンアセチルトランスフェラーゼ(ChAT)で運動神経細胞への誘導を、また βⅢ tubulin にて神経軸索の伸長を確認しました。

分化誘導プロトコール概要

L-155-p2protcol.png

細胞形態および剥離時の細胞数と生存率(分化誘導 28 日)観察

L-155-p2-1.png

免疫染色(βⅢ tubulin(緑) / ChAT(赤) / DAPI(青)、分化誘導 31 日)

L-155-p2-2.png

形態変化、軸索伸長の程度、ChAT の発現効率から、A 社サプリメントと比較して本サプリメントの性能は同等であることが示されました。

データご提供:株式会社 幹細胞&デバイス研究所  研究者 様

価格表

製品名規格貯法製品番号容量オンライン
カタログへ

AscleStem® Neuronal Medium

SP
(細胞培養用)
冷蔵 21168-35 500 mL e-Nacalai.jpg
AscleStem® Neuronal Supplement(50x) SP
(細胞培養用)
冷凍 21169-54 10 mL
e-Nacalai.jpg

AscleStem / アスクレステムはナカライテスク株式会社の登録商標です。

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。