製品情報

トランスフェクション試薬DailyFect Transfection Reagent

DailyFect Transfection Reagent は、一般的な株化細胞に DNA を導入することができる、非脂質タイプのトランスフェクション試薬です。本製品と Modified-MEM for Transfection を併用することで、効率的にトランスフェクションを行うことができます。

特長

  • 一般的な株化細胞に使用可能
  • 細胞毒性を低減
  • コスト低減が可能

実施例:株化細胞へのトランスフェクション

本製品を用いて、接着培養および浮遊培養している各種株化細胞に pAcGFP1-N1 vector を導入しました。トランスフェクション後 24 時間および 48 時間の細胞を蛍光顕微鏡で観察し、GFP の発現を確認しました。

[接着培養] pAcGFP1-N1 vector (1 µg) を導入した各種細胞

トランスフェクション後 24 時間トランスフェクション後 48 時間
明視野画像蛍光顕微鏡画像明視野画像蛍光顕微鏡画像
HEK293 細胞 d023025_Jissirei_HEK293_24_D.jpg d023025_Jissirei_HEK293_24_G.jpg d023025_Jissirei_HEK293_48_D.jpg d023025_Jissirei_HEK293_48_G.jpg
CHO-K1 細胞 d023025_Jissirei_CHO-K1_24_D.jpg d023025_Jissirei_CHO-K1_24_G.jpg d023025_Jissirei_CHO-K1_48_D.jpg d023025_Jissirei_CHO-K1_48_G.jpg
HeLa 細胞 d023025_Jissirei_HeLa_24_D.jpg d023025_Jissirei_HeLa_24_G.jpg d023025_Jissirei_HeLa_48_D.jpg d023025_Jissirei_HeLa_48_G.jpg
HepG2 細胞 d023025_Jissirei_HepG2_24_D.jpg d023025_Jissirei_HepG2_24_G.jpg d023025_Jissirei_HepG2_48_D.jpg d023025_Jissirei_HepG2_48_G.jpg
C2C12 細胞 d023025_Jissirei_C2C12_24_D.jpg d023025_Jissirei_C2C12_24_G.jpg d023025_Jissirei_C2C12_48_D.jpg d023025_Jissirei_C2C12_48_G.jpg

[浮遊培養] pAcGFP1-N1 vector (30 µg) を導入した各種細胞



トランスフェクション後 24 時間トランスフェクション後 48 時間
明視野画像蛍光顕微鏡画像明視野画像蛍光顕微鏡画像
CHO-K1 細胞 d023025_jissirei2_CHO-K1_24_D.jpg d023025_jissirei2_CHO-K1_24_G.jpg d023025_jissirei2_CHO-K1_48_D.jpg d023025_jissirei2_CHO-K1_48_G.jpg
HeLa 細胞 d023025_jissirei2_HeLa_24_D.jpg d023025_jissirei2_HeLa_24_G.jpg d023025_jissirei2_HeLa_48_D.jpg d023025_jissirei2_HeLa_48_G.jpg
HepG2 細胞 d023025_jissirei2_HepG2_24_D.jpg d023025_jissirei2_HepG2_24_G.jpg d023025_jissirei2_HepG2_48_D.jpg d023025_jissirei2_HepG2_48_G.jpg

使用例 1:各種細胞に対するトランスフェクション効率

トランスフェクション効率の比較

本製品または他社製品を用いて、各種接着細胞に pAcGFP1-N1 vector を 1 μg 導入し、導入後 24 時間および 48 時間のトランスフェクション効率を比較しました。HEK293 細胞や CHO-K1 細胞において、本製品は他社製品と同等以上のトランスフェクション効率であることが示されました。

d023025_Shiyourei1_n.png

遺伝子導入効率が低い細胞へのトランスフェクション

遺伝子導入効率が低い HeLa 細胞および HepG2 細胞に対して、本製品およびプラスミド DNA の量を増やして、トランスフェクションしました。導入量を増やすことで、トランスフェクション効率が向上しました。

細胞種

HeLa 細胞

HepG2 細胞

pAcGFP1-N1 vector1 μg3 μg1 μg3 μg
トランスフェクション効率
(トランスフェクション後 24 時間)
d023025_Shiyourei1_HaLa_1ug_24.jpg d023025_Shiyourei1_HaLa_3ug_24.jpg d023025_Shiyourei1_HepG2_1ug_24.jpg d023025_Shiyourei1_HepG2_3ug_24.jpg
6.1% → 16.4% 11.0% → 16.0%
トランスフェクション効率
(トランスフェクション後 48 時間)
d023025_Shiyourei1_HeLa_1ug.jpg d023025_Shiyourei1_HeLa_3ug.jpg d023025_Shiyourei1_HepG2_1ug.jpg d023025_Shiyourei1_HepG2_3ug.jpg
12.4% → 40.5% 18.0% → 27.3%

使用例 2:細胞毒性の比較

本製品または他社製品を用いて、CHO-K1 細胞に pAcGFP1-N1 vector をトランスフェクションした際の細胞毒性を比較しました。使用例1 のトランスフェクション効率も考慮した結果、本製品は他社製品よりも細胞毒性が低減されていることが示唆されました。

d023025_Shiyourei2.png

価格表

製品名規格貯法製品番号容量オンライン
カタログへ
DailyFect Transfection Reagent SP
(細胞培養用)
冷蔵 22392-71 1 mL e-Nacalai.jpg

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。