COSMOSIL

COSMOCORE 2.6Cholester

  • コレステリル基結合型Core-Shellカラム
  • C18カラムと同じ分析条件で異なる選択性
  • シス-トランスなどの異性体やポリフェノールなどの天然物の分離に有効

C18カラムとの比較

シス-トランスなどの異性体は、各種C18カラムでの分離が難しい化合物ですが、カラムをコスモコア 2.6Cholesterに変更するだけで、移動相などの分析条件を変更することなく分離が達成できています。

分析条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×100mm サンプル
  1. Vitamin K2 (0.50mg/ml)
  2. trans-Vitamin K1 (0.50mg/ml)
  3. cis-Vitamin K1
移動相 Methanol
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃
検 出  UV 280nm  注入量 0.5µl 

充填剤の構造

コスモコア 2.6Cholesterは、粒子径2.6μmのCore-Shell担体(図1)にコレステリル基を固定相(図2)として有しています。Core-Shell担体の特性により、フルポーラスSub-2μm担体の性能を維持しながら低い分析圧力(図3)におさえられています。そのためカラム長を長くして高分離を目指すことも可能になります。

図1:Core-Shell担体のイメージ図 図2:固定相構造

カラムサイズ:2.1mmI.D.-100mm,移動相:アセトニトリル/水=70/30,温度:40℃
図3:カラム圧力の比較

分離特性(基本特性)

コスモコア 2.6Cholesterは、C18カラムと同等の疎水性を有しています。そのためC18カラムと移動相を変更することなく分析することができ、保持挙動の予想も簡便となります。

分析条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×100mm サンプル 
  1. Uracil
  2. Methyl Benzoate
  3. Toluene
  4. Naphthalene
 
移動相 Acetonitrile/H2O=50/50
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃
検 出 UV 254nm 注入量 0.25µl

分離特性(分子形状認識能)

コスモコア 2.6Cholesterは、剛直な固定相構造の効果によって、立体的なo-Terphenylよりも平面的なTriphenylene を非常に強く保持します。コスモコア 2.6CholesterはC18カラムよりも分子形状に対する認識能が高いことを示しています。

分析条件
カラムサイズ 2.1mmI.D.×100mm サンプル 
  1. o-Terphenyl (0.25mg/ml)
  2. Triphenylene (0.05mg/ml)
移動相 Acetonitrile/H2O=70/30
流 速 0.4ml/min
温 度 40℃
検 出 UV 254nm 注入量 0.5µl

分析例

天然成分の分離(トマト成分)

リコピンにはシス-トランスなど異性体が多く存在します。C18カラムで分離できない異性体成分がコスモコア2.6Cholesterで分離できました。

分析条件  サンプル前処理 
カラムサイズ 3.0mmI.D.×50mm
移動相 2.6C18
:Acetonitrile/H2O=95/5
2.6Cholester
: Acetonitrile
流 速 1.0ml/min
温 度 40℃
検 出 UV 470nm
サンプル
  1. Lycopene
  2. β-Carotene
注入量 0.5µl

カテキンの分離

分析条件
カラム COSMOCORE 2.6Cholester
2.1mmI.D.×50mm
検 出 UV 280nm
移動相 A: Acetonitrile/ 0.1% H3PO4 = 10/90
B: Acetonitrile/ 0.1% H3PO4 = 40/60
B conc. 0→100% 3min Linear gradient
サンプル
  1. (-)-Gallocatechin〔(-)-GC〕
  2. Caffeine
  3. (-)-Epigallocatechin〔(-)-EGC〕
  4. (-)-Catechin〔(-)-C〕
  5. (-)-Epicatechin〔(-)-EC〕
  6. (-)-Epigallocatechin Gallate〔(-)-EGCg〕
  7. (-)-Gallocatechin Gallate〔(-)-GCg〕
  8. (-)-Epicatechin Gallate〔(-)-ECg〕
  9. (-)-Catechin Gallate〔(-)-Cg〕
流 速 0.6ml/min
温 度 30℃

LC / MSへの適用

分析条件
カラム COSMOCORE 2.6Cholester
3.0mmI.D.×50mm
検 出 APCI-MS, Positive, SIM
移動相 Acetonitrile サンプル Tomato extract
  1. Lycopene
  2. β-Carotene
流 速 1.0ml/min
温 度 40℃ 注入量 0.5µl

分取への展開

コスモコア 2.6Cholestrerでの分離条件を分取精製に適用することができます。コスモシール Cholesterはフルポーラス5μm担体を採用していますが、固定相構造は同じであるため、コスモコア 2.6Cholestrerと同様の分離パターンになります。

分析条件
移動相 Methanol 検 出 UV 280nm
流 速 (2.1mmI.D.)0.4ml/min
(4.6mmI.D.)1.0ml/min
(10.0mmI.D.)5.0ml/min
サンプル 
  1. trans-Vitamin K1
  2. cis-Vitamin K1
温 度 40℃ 

価格表

分析カラム(粒子径2.6µm)
COSMOCORE 2.6Cholester

製品名 サイズ 製品番号 価 格
COSMOCORE 2.6Cholester Packed Column 2.1mml.D.×30mm 12858-91 80,000
2.1mml.D.×50mm 12859-81 84,000
2.1mml.D.×75mm 12860-41 94,000
2.1mml.D.×100mm 12861-31 96,000
2.1mml.D.×150mm 12862-21 102,000
3.0mml.D.×30mm 12863-11 80,000
3.0mml.D.×50mm 12864-01 84,000
3.0mml.D.×75mm 12866-81 94,000
3.0mml.D.×100mm 12867-71 96,000
3.0mml.D.×150mm 12868-61 102,000
4.6mml.D.×30mm 12869-51 80,000
4.6mml.D.×50mm 12870-11 84,000
4.6mml.D.×75mm 12871-01 94,000
4.6mml.D.×100mm 12872-91 96,000
4.6mml.D.×150mm 12873-81 102,000
4.6mml.D.×250mm 12875-61 139,000

※上記以外のカラムサイズをご要望の際はお問合せください。

※掲載の内容は、'16年1月現在の情報に基づいております