COSMOSIL

カラムクロマトグラフィー用充填剤

オープンカラムクロマトグラフィーや中圧クロマトグラフィーは、安価で簡易に大量分取・大量精製ができる優れた手法です。これらに使用される充填剤としては球状と破砕状とがありますが、球状の充填剤は破砕状のものより分離性能が高い、圧力が小さい、再現性が高いなどの利点があります。
コスモシールでは、球状のシリカゲルを使用した逆相用、および順相用の充填剤を用意しています。

分取用逆相C18 充填剤

物性

充填剤名称C18-OPNC18-PREP
シリカゲル 全多孔性球状シリカゲル
平均粒子径(µm) 75,140 40,75,140
平均細孔径(約Å) 120
比表面積(約 m2/g) 300
化学結合基 オクタデシル基
炭素含有率(約%) 19
残存シラノール基 あり なし
用途 オープンカラムクロマトグラフィー/フラッシュカラムクロマトグラフィー

選択方法

karamukuromato-sentaku-gyakusou-750.png


図 1 充填剤に水を加えた写真
左のボトル:C18-OPN 水になじみ沈みます。
オープン・フラッシュクロマトグラフィーで低い有機溶媒濃度で使用できます。
右のボトル:C18-PREP 水になじまず浮き上がります。
オープン・フラッシュクロマトグラフィーでは有機溶媒濃度 70 %以上でご使用ください。

分取用順相充填剤

物性

充填剤名称 シリカゲル60(中性) シリカゲル60 シリカゲル120
シリカゲル 全多孔性球状シリカゲル
平均粒子径( µm) 75,140 140
平均細孔径(約Å) 60 60 120
比表面積約(m2/g) 500 500 300
用途 オープンカラムクロマトグラフィー/フラッシュカラムクロマトグラフィー

その他、破砕状のシリカゲルも販売しております。こちらをご参照ください

選択方法

karamukuromato-sentaku-jyunsou-506.png

※掲載の内容は、'18年4月現在の情報に基づいております。