製品情報

高純度の mRNA を合成可能!Codex® HiCap RNA Polymerase

mRNA 合成の際に生じる、キャップ構造を持たない mRNA や dsRNA は、免疫原性を示すことが知られています。そのため、mRNA の医薬品開発などでは、これらを含まない、純度の高い mRNA が求められています。Codexis 社が開発した改良型の T7 RNA Polymerase(Codex® HiCap RNA Polymerase)は、変異を加えることで、キャッピング効率を向上させ、かつ副産物である dsRNA の生成を抑えることに成功しました。

特長

  • 高いキャッピング効率
  • dsRNA の生成を抑制

 

性能評価

キャッピング効率の比較

d003024_I490_Cap.png

キャップ濃度:Highキャップ濃度:Low
Cap analog concentration 5 mM 1 mM
Native GTP concentration 1 mM 5 mM
Total mRNA Yield 2 mg/mL 4 mg/mL

WT(wild-type) RNA Polymerase(グレー)もしくは Codex® HiCap RNA Polymerase(緑)を用いて、2 kb の DNA テンプレートから、in vitro 転写により mRNA を合成した。「キャップ濃度:High」では、キャップアナログの濃度を GTP の濃度よりも高く設定し、「キャップ濃度:Low」ではキャップアナログの濃度を GTP より低く設定し、それぞれのキャッピング効率を比較した。
WT RNA Polymerase のキャッピング効率は GTP とキャップアナログの比率に依存しているが、Codex® HiCap RNA Polymerase は、キャップアナログを選択的に認識するため、キャッピング効率が高いことが示された。

dsRNA の生成量の比較

d003024_I490_dsRNA.png

WT RNA Polymerase(グレー)もしくは Codex® HiCap RNA Polymerase(緑)を用いて in vitro 転写を行った。dsRNA の検出は、抗 dsRNA 抗体(J2)でイムノブロットを行った。
Codex® HiCap RNA Polymerase は、WT と比べて dsRNA の生成が約 1/5 に抑えられていることが示された。

プロトコール

Codexis 社では、キャップアナログである ARCA もしくは CleanCap® Reagent AG(TriLink BioTechnologies 社)を使用した場合のプロトコールを用意しています。プロトコールは以下のリンクよりダウンロード可能です。Codex® HiCap RNA Polymerase を用いることで、キャップアナログの使用量を減らせます。

文献情報

Codex® HiCap RNA Polymerase の文献を紹介します。

Miller, M. et al. An Engineered T7 RNA Polymerase for efficient co-transcriptional capping with reduced dsRNA byproducts in mRNA synthesis. bioRxiv. 2022, doi:10.1101/2022.09.01.506264. https://doi.org/10.1101/2022.09.01.506264

価格表

製品名メーカー製品番号容量オンライン
カタログへ
Codex® HiCap RNA PolymeraseE014-B032A10 reactionse-Nacalai.jpg
100 reactions

CleanCap® は TriLink BioTechnologies, LLC の登録商標です。

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。