製品情報

Tocris 社 エピジェネティクス研究用化合物

Tocris 社では、エピジェネティクスに関与する種々のタンパク質に作用する化合物を数多く取りそろえており、さまざまな企業・大学とライセンス契約を結び、随時ユニークな化合物を追加しています。注目製品 1 では新たに追加されたユニークな化合物を紹介しています。

特長

  • 豊富なラインアップ

 

ターゲットと化合物数

ターゲット化合物数ターゲット化合物数
14.3.3 タンパク質 2 リジンメチル基転移酵素 27
Aurora キナーゼ 10 MBT ドメイン 2
ブロモドメイン 38 Pim キナーゼ 6
DNA メチル基転移酵素 10 ポリ(ADP リボース)ポリメラーゼ 14
ヒストンアセチル転移酵素 11 タンパク質アルギニンメチル基転移酵素 10
ヒストン脱アセチル化酵素 27 タンパク質セリン/スレオニンホスファターゼ 18
ヒストン脱メチル化酵素 16 タンパク質チロシンホスファターゼ 8
ヒストンペプチド 7 RNA ポリメラーゼ 6
低酸素誘導因子 16 Sir2-like ファミリー脱アセチル化酵素 10
JAK キナーゼ 16    

エピジェネティクスに作用する化合物(一部)

d013017_tokuchou.png

注目製品 1:SGC のケミカルプローブ

SGC(Structural Genomics Consortium)は、トロント大学およびオックスフォード大学に研究施設を置く非営利組織で、200 名以上の研究員と製薬企業 9 社が連携し研究を行っています。SGC で開発されたエピジェネティクスに作用するケミカルプローブの研究結果は、 SGC の Web site から自由にアクセスできます。Tocris 社では、SGC とライセンス契約を締結したことで、これらのユニークなケミカルプローブが Tocris 社のラインアップに追加されました。SGC のケミカルプローブは次の特長を有しています。

特長

  • In vitro において IC50 値もしくは Kd 値は 100 nM 以下
  • 同じファミリーのタンパク質と比べてターゲットタンパク質への選択性は 30 倍以上
  • 細胞アッセイにおいて標的分子に対し 1 µM で作用
(R)-PFI 2 Hydrochloride(#4892/10)TP 472(#6000/10)
d013017_4892.png d013017_6000.png
SETD7 に作用(IC50 = 2 nM)。DNMT1 および 18 種のメチル基転移酵素と比べて SETD7 への選択性は 1,000 倍以上。 BRD9/7 に作用(Kd = 33 nM、340 nM)。それ以外のブロモドメインと比べて、BRD9 への選択性は 30 倍以上。

 

価格表

各化合物の詳細情報は Tocris 社もしくは SGC の Web site より確認できます。

製品名タンパク質
ファミリー
ターゲットメーカー
製品番号
容量オンライン
カタログへ
A 196 Methyltransferase SUV420H1/H2 6167/10 10 mg e-Nacalai.jpg
6167/50 50 mg
A 366 Methyltransferase G9a, GLP 5163/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5163/50 50 mg
BAY 299 Bromodomains BRD1, TAF1 5970/5 5 mg e-Nacalai.jpg
5970/25 25 mg
BAZ2-ICR 劇 Bromodomains BAZ2A, BAZ2B 5266/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5266/50 50 mg
BI 9564 Bromodomains BRD9, BRD7 5590/10 10 mg e-Nacalai.jpg
GSK 2801 Bromodomains BAZ2A, BAZ2B 5635/10 10 mg e-Nacalai.jpg
GSK J1 KDM JMJD3, UTX, JARID1B 4593/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4593/50 50 mg
GSK J4 KDM JMJD3, UTX, JARID1B 4594/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4594/50 50 mg
GSK 591 Dihydrochloride Methyltransferase PRMT5 5777/10 10 mg e-Nacalai.jpg
GSK LSD1 Dihydrochloride KDM LSD1 5361/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5361/50 50 mg
I-BRD9 Bromodomains BRD9 5591/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5591/50 50 mg
I-CBP 112 Bromodomains CBP, EP300 4891/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4891/50 50 mg
(+)-JQ1 Bromodomains BRD2, BRD3, BRD4, BRDT(BET) 4499/10 10 mg e-Nacalai.jpg
MS 023 Dihydrochloride Methyltransferase Type I PRMTs 5713/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5713/50 50 mg
NI 57 劇 Bromodomains BRPF1, BRPF2, BRPF3 5546/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5546/50 50 mg
NVS-CECR2-1 Bromodomains CECR2 5744/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5744/50 50 mg
OF 1 Bromodomains BRPF1, BRPF2, BRPF3 5289/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5289/50 50 mg
OICR 9429 WD40 WDR5 5267/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5267/50 50 mg
PFI 1 Bromodomains BRD2, BRD3, BRD4, BRDT(BET) 4445/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4445/50 50 mg
(R)-PFI 2 Hydrochloride Methyltransferase SETD7 4892/10 10 mg e-Nacalai.jpg
PFI 3 Bromodomains SMARCA, PB1 5072/10 10 mg e-Nacalai.jpg
PFI 4 Bromodomains BRPF1B 5576/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5576/50 50 mg
SGC 707 Methyltransferase PRMT3 5367/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5367/50 50 mg
TP 064 Methyltransferase PRMT4 6008/10 10 mg e-Nacalai.jpg
6008/50 50 mg
TP 472 Bromodomains BRD9, BRD7 6000/10 10 mg e-Nacalai.jpg
UNC 0638 Methyltransferase G9a, GLP 4343/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4343/50 50 mg
UNC 0642 Methyltransferase G9a, GLP 5132/10 10 mg e-Nacalai.jpg
5132/50 50 mg
UNC 1215 Methyl Lysine Binder L3MBTL3 4666/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4666/50 50 mg
UNC 1999 Methyltransferase EZH2 4904/10 10 mg e-Nacalai.jpg
4904/50 50 mg

注目製品 2:BRD4 分解誘導化合物(MZ 1、dBET1)

MZ 1 および dBET1 は、(+)-JQ1 をベースとした PROTAC で、BRD4 タンパク質を選択的に分解する機能を持ちます。PROTAC(Proteolysis Targeting Chimera)とは、E3 リガーゼへ結合する部分と標的タンパク質へ結合する部分を含む化合物で、ユビキチンプロテアソームシステム(UPS)により標的タンパク質の分解を誘導する機能を有します。また標的タンパク質がユビキチン化された後、これら PROTAC は標的タンパク質から解離し、新たな標的タンパク質に結合し作用します(下図)。

PROTAC の作用機序

d013017_PROTAC.png

 

MZ 1(#6154/5)dBET1(#6327/5)
d013017_6154.png d013017_6327.png
(+)-JQ1 に von Hippel-Lindau(VHL)リガンドを結合させた細胞透過性の PROTAC 化合物である。BRD2、BRD3、BRD4 ブロモドメインに対し高い親和性(Kd = 13 ~ 60 nM)を有するが、BRD2、BRD3 と比較して BRD4 を選択的に分解誘導する(分解の DC50 値は H661 細胞で 8 nM、H838 細胞で 23 nM)。AML 細胞株に対して強力な細胞毒性、増殖抑制作用を示す(Mv4;11 細胞、pEC50 = 7.6)。ネガティブコントロールとして cis MZ 1 を販売。 (+)-JQ1 にセレブロン E3 ユビキチンリガーゼリガンドを結合させた PROTAC 化合物である。In vitro においてがん細胞株の BRD4 が激減し(乳がん細胞、EC50 = 430 nM)アポトーシスを誘導する。マウスに異種移植したヒト AML 細胞の成長を遅らせ、また MYC を抑制する。

 

関連製品

(+)-JQ1(#4499/10)
d013017_4499.png
強力かつ親和性の高い、選択的な BET ブロモドメイン阻害剤。BRD2(N 末端(N))、BRD4(C 末端(C))、BRD4(N)、CREBBP に対する IC50 値は 17.7 nM、32.6 nM、76.9 nM および 12,942 nM。また BRD4(N)、BRD3(N)、BRD3(C)、BRD4(C)、BRD2(N)、BRDT(N)に対する Kd 値は、49 nM、59.5 nM、82 nM、90.1 nM、128 nM および 190 nM。NUT midline carcinoma(NMC)細胞株の扁平上皮への分化を誘導する。In vivo において NMC 異種移植モデルの腫瘍の増殖を抑制する。雄マウスの生殖細胞で可逆的避妊作用を示す。不活性なアナログ(-)-JQ1(#5603/10)を販売。

価格表

製品名メーカー製品番号容量オンライン
カタログへ
MZ 1 6154/5 5 mg e-Nacalai.jpg
dBET1 6327/5 5 mg e-Nacalai.jpg
(+)-JQ1 4499/10 10 mg e-Nacalai.jpg

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。