豆知識

豆知識

法律関係

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(カルタヘナ法)

生命科学の基礎研究から農業や医療分野などで幅広く応用されている遺伝子組換え生物が自然界に漏れ出ることを防ぐための国際的なルールとしてカルタヘナ議定書が、締結されました(この国際会議が開催された場所がカルタヘナであったことからカルタヘナ議定書と呼ばれています)。

議定書に基づいて、制定された法律「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(通称、カルタヘナ法)」が、2004年2月19日に施行されました。マスコミにも取上げられた「蛍光メダカ」いわゆる「ひかるメダカ」の販売が規制されたのも、この法律に基いています。
私たちの取り扱っている商品には、カルタヘナ法に該当する商品が数多く有り、取扱いには法遵守(コンプライアンス重視)する必要があります。

カルタヘナ法の規制の対象になる商品は、基本的に「自己増殖性のある遺伝子組換え生物」です。動物、植物、大腸菌、ウィルスなどの遺伝子組換え生物が対象になります。また、これらの遺伝子組換え生物によって生産された商品も、遺伝子組換え生物を完全に取り除いた科学的証明がなければ、遺伝子組換え生物が残存する可能性を完全に否定できませんので対象となります。

カルタヘナ法の規制目的は、遺伝子組換え生物を環境に拡散させないことです。
商品の破損・漏洩が生じない様に丁寧なお取扱いをお願いします。

カルタヘナ議定書や関連法規に関する情報は、日本版バイオセーフティクリアリングハウス
( http://www.biodic.go.jp/bch/ )の情報をご確認ください。

弊社では、お取扱いするカルタヘナ法の使用規制対象品については、「情報提供」(資料)を添付の上、グリーン地に「取扱注意*遺伝子組換え生物等使用製品*カルタヘナ法(第二種使用)」等を記載したシールを貼付し、他の商品とは別梱包でお届けするようにしております。