全多孔性シリカゲル COSMOSIL 2.5 μm シリーズ

  • 2.5 μm シリカゲル採用で低い分析圧力
  • 通常 HPLC 装置で UHPLC と同等の分析が可能*
  • 異なる粒子径も取りそろえているため UHPLC から HPLC 分取までメソッド移行が簡単

* 通常 HPLC 装置による UHPLC 用カラムの使用は、弊社データを基に可能と表しています。

固定相と物性

UHPLC 用カラムの固定相と物性一覧表

充填剤名称2.5C18-MS-II2.5Cholester2.5πNAP2.5HILIC
シリカゲル 全多孔性球状高純度シリカゲル
平均粒子径(µm) 2.5
平均細孔径(約 Å) 130
比表面積(約 m2/g) 330
固定相構造 25UHPLC-MS-2-kouzousiki-w100.png 25UHPLC-Cholester-kouzousiki-w100.png 25UHPLC-paiNAP-kouzousiki-w100.png 25UHPLC-HILIC-kouzousiki-w80.png
化学結合基 オクタデシル基 コレステリル基 ナフチルエチル基 トリアゾール
結合形式 モノメリック型
主な相互作用 疎水性 疎水性
分子形状認識能
疎水性
π-π
親水性
陰イオン交換能
エンドキャップ処理 あり
特長  ・逆相のファーストチョイス
・塩基性化合物に最適
・C18 と同一移動相で分析可能
・高い分子形状認識能
・フェニルカラムよりも強い π-π 相互作用  ・C18 で保持のない化合物に有効

一般的な HPLC 装置をご使用の皆さまへ

UHPLC 用カラム、コスモシール 2.5 μm シリーズの性能を十分に発揮するには UHPLC 対応の装置、あるいは、配管、検出器セル、検出レスポンスなどを最適化した HPLC 装置が必要になります。5 µm のシリカゲルを採用しているコスモシール Cholester や πNAP、HILIC では、時間は少し掛かりますが、一般的な HPLC 装置を用いて C18 で分離できない成分を分離することができます。詳細は各ページをご参照ください。

5C18-MS-II 紹介ページはこちら

Cholester 紹介ページはこちら

πNAP 紹介ページはこちら

HILIC 紹介ページはこちら

他社 UHPLC 用カラムとの比較例

他社 UHPLC 用カラムとの比較例

※掲載内容は予告なく変更になる場合があります。