製品情報

Viogene社 Viofectin™ Transfection Reagent

トランスフェクション試薬Viofectin™は、広範囲の細胞種に使用可能で優れたコストパフォーマンスが魅力です。

特長

  • 優れたコストパフォーマンス
  • DNAおよびRNAのトランスフェクションが可能
  • 血清存在下で使用可能

適応例1

プロトコール(6ウェルプレートの場合)

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が表示されます)

HEK293_HepG2_C3H10T12_gaiyou_500.jpg

GFP発現プラスミドの導入効率

データご提供:国立大学法人京都大学大学院 農学研究科 食品生物科学専攻
食品分子機能学分野 後藤 剛 准教授

比較データ

  Viofectin™ A社トランスフェクション試薬
HEK293細胞 Viofectin_hek293_.jpg Viofectin_hek293_A_.jpg

実用例

  光学顕微鏡像 蛍光顕微鏡像
HepG2細胞 Viofectin_HepG2_kou.jpg Viofectin_HepG2_kei.jpg
C3H10T1/2細胞 Viofectin_C3H10T12_kou.jpg Viofectin_C3H10T12_kei.jpg

比較データでは、A社トランスフェクション試薬と同程度の導入効率を持つことが示された。また実用例より、トランスフェクション試薬による細胞形態に変化は見られず、細胞毒性が低いことが示された。

適応例2

プロトコール(24ウェルプレートの場合)

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が表示されます)

HeLa_NIH3T3_gaiyou_500.jpg

フローサイトメトリーによる分析結果

データご提供:国立大学法人京都大学化学研究所 生体機能設計化学研究領域

HeLa細胞への遺伝子導入効率

Viofectin_FACS_HeLa.jpg

1.Viofectin™ 1μl+pDNA 1μg
2.Viofectin™ 2μl+pDNA 1μg
3.Viofectin™ 1μl+pDNA 0.5μg
4.Viofectin™ 2μl+pDNA 0.5μg
5.A社製品 1μl+pDNA 0.5μg

NIH3T3細胞への遺伝子導入効率

Viofectin_FACS_NIH3T3.jpg

1.Viofectin™ 1μl+pDNA 1μg
2.Viofectin™ 1μl+pDNA 0.5μg

フローサイトメーターを用いて導入効率を測定した結果、HeLa細胞はA社と同等、もしくはそれ以上の導入効率を示した。また、NIH3T3細胞でも、十分に導入できていることが示された。

国内研究者使用例:トランスフェクション試薬 使用例一覧

細胞名をクリックすると使用例を表示します。

細胞名 使用製品 他社
製品
比較
蛍光
顕微鏡
観察
フロー
サイト
メトリー
ウェスタン
ブロッティング
C3H10T1/2 Viofectin™      
COS-1 Viofectin™    
COS-7 Viofectin™    
HCT116 Viofectin™    
HEK293 Viofectin™    
HEK293 Viofectin™    
HEK293T Viofectin™    
HEK293FT Viofectin™    
HeLa Viofectin™    
HeLa Viofectin™    
HepG2 Viofectin™      
HuH-7.5 Viofectin™    
HuH-7w Viofectin™    
MDCK

MDCK Cell
Avalanche®

     
N2a Viofectin™      
NIH3T3 Viofectin™    
RAW 264.7 RAW 264.7 Cell
Avalanche®
   
U2OS Viofectin™    

価格表

製品名メーカー
製品番号
容量オンライン
カタログへ
Viofectin™
Transfection
Reagent
VFT1001 1 ml e-Nacalai.jpg
VFT1002 10 ml e-Nacalai.jpg

24ウェルプレートの場合、接着細胞では1ウェルあたり約0.6~2μl、浮遊細胞では0.2~1μl使用します。

※記載の内容は、'16年1月現在の情報に基づいております。